母になる 動画 7話

沢尻エリカさん、藤木直人さんが出演されているドラマ「母になる」7話が5月24日に放送されます。ドラマを見逃してしまった方、もう一度見たい方は、母になる7話の動画を無料で視聴する事が出来ますよ!

 

こちらのサイトでは、母になる7話のあらすじや、次回の予告動画、ネタバレ感想をご紹介しています。

 

見逃し配信を無料で見る方法についてもご紹介していますので、ご参考にどうぞ!

 

前回のストーリーでは、3歳児はもっといろいろ理解している!脚本に違和感を感じた!という意見が多くありました!今回の展開も楽しみですね!

 

こちらのサイトで母になる1話~最新話までを無料で見る事ができます♪

⇒Hulu 2週間無料トライアル

Huluは登録から2週間は完全無料で利用が出来ます♪

 

母になる7話予告動画

【母になる動画視聴はこちら】

母になる1話の動画

母になる2話の動画

母になる3話の動画

母になる4話の動画

母になる5話の動画

母になる6話の動画

母になる7話の動画

母になる7話のあらすじ

麻子(小池栄子)と話し合うため、一緒に食事をする場を設けた結衣(沢尻エリカ)。 同じ母親としてわかりあいたいという結衣を木野(中島裕翔)は心配するが、陽一(藤木直人)と広(道枝駿佑)を釣りに送り出した後、麻子を家に迎える。

 

麻子は、里恵(風吹ジュン)から結衣達が今までどれだけ苦労をしたかを聞かされ、低姿勢で謝罪する。結衣も麻子の身に起こったことを考えると責める気持ちはないと、謝罪をうけいれる。しかしその場がうまくおさまるかと思ったその時、無意識に発した結衣の一言で、麻子の態度は豹変し、壮絶な戦いへ。

 

一方、二人の間に立ち会っていた莉沙子(板谷由夏)も、悩みを抱えていた。西原教授(浅野和之)から、自分が母の代わりをやるので母親業をやめていいと宣言されたのだ。思う存分仕事をしていいと言われ戸惑う莉沙子だったが…。
そんな中、広達と一緒に釣りに行った木野は、柏崎オートで意外な人物と運命的に再会する。

引用:http://www.ntv.co.jp/haha/story/index.html

母になる7話見どころ

母になる7話の予想

「分かり合いたい」

 

結衣は友だちの莉沙子(板谷由夏)をまじえ、麻子と

一緒にお昼ごはんを食べることになりました。どうやら今まで麻子にどういうことが起きていたのか真相を知って責めるに責めきれないといった感情になったのでしょうか?

 

結衣が決めたことだと言いますが、それにしても陽一や里恵は複雑な心境でしょうね。心配していると思います。

 

ほんとうに、柏崎オートで働くことにとなるのでしょうか?

 

予告では、結衣が珍しく声をあらげ、麻子に掴みかかるシーンがありました。

 

当然ですよね。

 

麻子が自分の世界をみつけ幸せだと広を抱きしめている頃、結衣は連れ去られた広を身の裂ける思いで心配してずっと待っていたのですから。結衣の心情は計り知れません。

 

そんな2人は分かり合うことなんてできるのでしょうか?

 

麻子が広を自分の子として育てず、警察に届けていれば、広はすぐに結衣の元へと変えることができたのです。

 

そのせいで、結衣たちがどれだけ苦しんできたことか…。

 

いつもは穏やかな結衣ですが、麻子の頬をおもいっきり引っぱたくシーンがみられました。

 

警察に届けず自分の子でない子を自分の子として育てた麻子のしたことは許されることではありません。

 

分かり合うことなんて無理なんじゃないかと思います。結衣が広のために麻子を許したとしても麻子のほうが分かり合おうと歩み寄れる気がしません。

 

感情の赴くままに自分勝手な行動をして結衣たちを困らせるような気がします。

 

また、木野は大事に持ち歩いている110円を見ていました。そろそろその110円のわけを話してくれるのでしょうか?

 

木野が小さい頃、ジュースを買うために友だちにもらった110円。そのあと走り去っていった友だちは、おそらく帰らぬ人になってしまった様子でしたね。

 

死んでしまったんだとしたらいったい何が起きたのでしょうか?

 

友だちの死を忘れることができないのは当然ですが、そのことを引きずって、いつも肌身はなさず110円を持ち歩いているのにはどんな理由があるのでしょうか?お金返したいのでしょうか?

 

次週は木野の過去に関わる人物が登場するようです。木野の自分の家族ではなさそうですが、失くなっているかもしれない、友だちの事を何か知っている人物がいるのかもしないですね。

 

ヒヤヒヤする展開になってきましました。麻子が柏崎オートで、働くことになったとしたら広に会ってしまいますね。広はどんな反応を見せるのでしょうか?さらに広が傷つくことは起きないでほしいです。

 

これから柏崎家はどうなってしまうのでしょうか?

話の続きが気になりますね。

母になる7話の動画を無料で見る方法

こちらのサイトで母になるの1話~最新話まで無料で見る事ができます♪



Hulu 2週間無料トライアル

Huluは登録から2週間は無料で利用が出来ます♪トライアル期間中に解約する事も出来るから安心です♪

私もトライアル期間中に解約をしましたが、一切料金はかかりませんでした!解約の手続きも簡単でしたよ♪

⇒Hulu 2週間無料トライアルに申し込む

※申し込みの際にクレジットカードの登録が必要になります!


母になる7話、視聴者の声

ゆいはそれを許して分かり合うことが出来るのか…

次週あさことゆいが分かり合えるのかが気になります。予告ではゆいがあさこに殴りかかろうとしていたのであさこが一体何を言ったのか…
あとママが柏崎オートで働くことになったと知った時のこうの反応はどうなるのかも楽しみです!
本当にあさこは柏崎オートで働くことが出来るのでしょうか??
今後の展開はゆいの性格を考えると最終的にはこうの一番の幸せを考えてあさこも一緒に暮らすことを提案しそうな気がします。
もしそうなればそれに対してこうやまわりの人は一体なんと言うのか…
もしこうがママかお母さんどちらか選ぶ結末なら産みの親ゆいと暮らす道を選んで幸せになって欲しいです。
またあさこはあさこで良い相手が見つかって幸せな家庭を作って欲しい!もう無理かもしれないけど出来ればあさこに本当の子どもが出来て幸せになって欲しい…
こうともたまに会ったり良い関係のままでいて欲しいと思います。

 

母の気持ちが・・・

生みの母親と育ての母親、二人が同じ職場で常に顔をあわせ息子の愛を獲得しようと烈しく対抗心を燃やす。しかし、どちらの母親の心にも息子に幸せになって欲しい、この子のためなら自分を犠牲にしてもよいという母性愛もあり、相手を怨んだり、憎んだりそして嫉妬しながらも双方がホンモノの母に成長する姿が描かれるのではないでしょうか。

ただ、そうは簡単に母にはなれない。小池栄子さん演じる育ての母麻子は悲しい境遇の持ち主です。出来のよい母親からの呪縛、男に裏切られ子供も授からない体になり、心身ともに傷ついて愛に飢えている哀しい女です。

子供も、夫(今は離婚中ですが)も手にいれた沢尻エリカさん演じる結衣に嫉妬もあるでしょうから、藤木直人さん演じる陽一を結衣から、無意識のうちに奪ってやりたい、と思うようになりそこから男女のどろどろとした愛憎劇に発展する予感がします。

陽一も麻子の境遇を知って優しい男性だけに同情し、親切に接する。けれど結衣にすれば元夫が麻子に惹かれているようにしか見えない。女の修羅場をくぐりぬけ、そして二人がどんな母になるのか興味をひかれます。

 

母になる7話のネタバレ

麻子(小池栄子)は柏崎オートで働くことになりました。と挨拶にきました。

 

麻子が今までどのように過ごしてきたのか…。

どういう経緯で広(道枝駿佑)と暮らすことになったのか…。

 

児童福祉司の木野(中島裕翔)から話を聞いた結衣(沢尻エリカ)は麻子のことが少し分かった気がしました。

 

ある日、結衣は陽一(藤木直人)と木野に広を釣りに連れ出してもらいました。

 

それは麻子を家に招き話をするためです。冷静にきちんと向き合う必要があり、お互いの立場をはっきりさせておきたいと思っているようです。

 

「分かり合いたい。いっときでも子どもを思って一生懸命に子育てをした。母親としての気持ちがあればどこかきっと、分かり合えるんじゃないか」

 

心配する木野に結衣は

「広のだめです。あの子のためなら何だってできます。」と言い切ります。

 

事前に広から麻子はお好み焼きが好きだと聞いていました。梨沙子(板谷由夏)も立ち会うことになり、準備も整ったその頃、麻子がやって来ました。

 

結衣と麻子と梨沙子は居間にすわり、穏やかに話始めました。

 

広と陽一の関係は男同士だからか、初めからスムーズで、これと言った問題もなく仲良くやっていること。

 

施設に戻ると言い出したけど結衣のところへ花束まで持って帰ってきてくれたこと。

 

家族3人でうまくいっていて、

少しずつ穏やかな暮らしを取り戻してきていることを話しました。

 

「だから心配しないでください。もう、これからは広のことは母親の私に任せてください。」

 

麻子は、里恵(風吹ジュン)から広がいなくなってから、結衣がどんなひどい目に合ったか、どんなに辛い思いをしてきたか聞かされていたので、ほんとうに申し訳ありません、とひたすら謝ります。

 

広が連れ去られた後、犯人は自殺をしました。その犯人の両親は会見で、泣いて土下座をして全財産なげうってでも償いするといいだしたのです。

 

もちろん、結衣も陽一もそんなこと望んではいません。しかし、週刊誌には結衣が3億円要求したかのように書かれていたのです。

 

その他にもたった一回いった同窓会のことで、毎晩飲み歩いていただとか、ネグレクトだとかありもしないことをあれこれ書かれてひどいバッシングを受けていました。

 

陽一も大学も辞め、夫婦間も気持ちがすれちがいから離婚もしました。

 

麻子がしたことは簡単に許されることではありません。

しかし結衣は木野から麻子の事情を聞いて気持ちを察し、

「子どもがほしいのにできなくてかわいそうに」と言いました。

 

その言葉を聞いて麻子は、急に柏崎オートで雇ってもらえるんですよね?許してもらえるんですよね?と態度が変わりました。

 

私は子どもに、こびたり甘やかしたりしない。私の方があの子の母親としてふさわしいと主張します。

 

あの子、ちゃんとしてるでしょ?私がしつけたんです。

あの子が父親とうまくいっているのは私がそういう風に育てたから。

 

子育てをしていて一番嬉しかったことはあの子がいることで子供生まないの?って言われなくなったことだと言いました。

 

あの子がいることで私は初めて自由になれたんです。

そう言って本音をぶつける麻子に、結衣は3歳のあの子可愛かったでしょ?私が産んだのよ!と言い返します。

 

結衣はどんなに激しいバッシングを受けてもそんなこと、どうでもよかったのです。それよりも広が生きてますように…どこかで元気に生きてますように…それだけを、強く願っていたのです。

 

結衣は広が、いなくなってからもずっと強く深く母親だったのです。

 

 

翌日、泊まっていた木野が帰る頃、柏崎オートに女性客が来ました。それは、木野の亡くなった同級生”カンちゃん”の母親だったのです。

 

カンちゃんを仕事にかまけ放ったらかしにしていたことを後悔していますが、再婚する予定で、今では3人の子育てをしているようです。

 

一生懸命、母親やらせてもらってる。

 

しかし、車のトランクにはゴミと一緒に無造作に袋に詰められた子ども服が…。

 

一体どうして?と戸惑う結衣と陽一でした。

こちらのサイトで母になる1話~最新話までを無料で見る事ができます♪

⇒Hulu 2週間無料トライアル

Huluは登録から2週間は完全無料で利用が出来ます♪

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Share