CRISISクライシス 動画 4話

5月2日(火)は小栗旬さん主演のCRISIS クライシス 公安機動捜査隊特捜班4話が放送されます!見逃してしまった方や、もう一度見たい方は見逃し配信サービスで見る事が出来ますので安心してください。

 

4話ではそれぞれのメンバーの過去が明らかになりそうですね!

 

クライシスの動画はこちらのサイトで見逃し配信がされています!

U-NEXT31日無料トライアルに申し込む



クライシスの視聴方法については下で詳しく説明していますのでご参考にどうぞ!

 

CRISIS クライシス 公安機動捜査隊特捜班4話の予告動画

【CRISISクライシスの動画】

CRISISクライシス動画1話

CRISISクライシス動画2話

CRISISクライシス動画3話

CRISISクライシス動画4話

CRISIS クライシス4話のあらすじ

ある日、稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)が所属する特捜班は、大学で航空宇宙学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる。

 

しかし、有馬に関する詳しい情報は与えられず、分かっているのは、すぐにでも命を狙われるような危機的状況にあり、一週間後に出国するということだけ。大学の研究室を訪れた特捜班に対して、横柄な態度で接する有馬。

 

同じ頃、大学の構内には護衛のついた有馬を険しい表情で見つめる石黒(近藤公園)の姿があった――。

 

翌朝、有馬とともに大学へ到着した稲見は、研究室付近で何やら不穏な空気を感じる。
すると、樫井(野間口徹)が爆薬の臭いを嗅ぎつけ、研究室内に爆弾が仕掛けられていると察知。注意を促すが、有馬はそれを無視して部屋のドアを開けてしまい、その瞬間、激しい爆音とともに研究室は破壊されてしまう。

 

現場近くのエレベーターホールでは、拳銃を手に待ち構える石黒の姿が。その裏をかいて、なんとか建物の外に脱出した3人。

しかし、向かった駐車場には、もう一人の暗殺者・石立(浜田学)が潜んでいて、稲見は石立と激しい攻防を繰り広げる。

 

事態を受けて、吉永(田中哲司)は鍛治(長塚京三)に今回の任務の背景を問い詰める。鍛治はミサイル実験に力を入れるある国が、有馬の優秀な頭脳を狙って拉致を画策していると明かすが、吉永は腑(ふ)に落ちない。

 

暗殺者を割り出すため、大山(新木優子)は前科者リストをチェックするが、稲見は「あいつらは前科者とか、そういった種類の人間じゃない」と、男たちが暗殺のプロだと確信していて――。

引用:http://www.ktv.jp/crisis/story/04.html

CRISIS クライシス4話の見どころ

https://twitter.com/N14Yrk/status/857151615169703936

 

CRISIS クライシス4話の予想

気になるCRISIS第4話では暗殺者から研究者を守れというドラマ予告から始まりましたね。
巨大な陰謀と研究者が犯した罪という予告タイトルがとても気になります。

 

今回の任務は要人警護だ!と吉永は田丸たちに言ってましたね。
公安部は研究者の身を守る警護役として任命されました。

 

警護ということは危険があるってことですよねと稲見は吉永たちに問いただしてましたね。
予告を見ていても爆発だったり拳銃で打ち合ったりしてました。

 

稲見はある男と拳銃で撃ち合いながら争っていましたがかなりのど迫力に予告を見ていても早くみたいなぁって思うくらいすごかったです。
『何か裏がありそう』という女性の声が誰なのかとても気になります。

 

大山捜査員の声じゃなさそうでした。
あなたは犯されるのを待つのみと田丸は研究者に話をします。研究者は何者かに狙われてますがその犯行手口は何なのか気になります。

 

今回はかなりスリルがあって爆発も何度かあります。
予告を見るだけでもかなりのスケールが大きくて迫力がありました。

 

予告では大山捜査員は背後から研究者によって殴られたりして襲われてましたよね。女性1人で危険な事件に立ち向かっていてほんとすごいなぁって見ていて思いました。

 

第3話でもかなり拳銃で撃ったりネットによる犯行手口は見ていて恐ろしかったです。まだ犯行計画は続行しているのでどんな危険な事件が起こるのか見ていてもハラハラドキドキしちゃいますね。

 

一度は助けた命なんだと田丸たちは言ってましたが研究者は何度も危険な目に合ってる状況みたいです。
予告の最後には『助けてくれ!』と研究者は稲見たちに助けを求めてました。

 

爆弾装置機も装着していて今までの事件よりもはるかにすごいですね。
現在第3話まで放送されましたが毎週田丸や稲見たちはすごくて見ていて圧倒されちゃいます。

 

第3話ではテロ集団の2人は自殺してしまいましたがその後がとても気になります。
第3話の終わりにはある男の子がパソコンで打ちこんでましたがまだまだ事件が起こりそうですね。

 

CRISISは映画を見ているような感覚で楽しめるのでまだ見たことがない方でも十分楽しめると思います。またまだ警察の裏組織を明確にされていませんよね。鍛治の本性もどんな人間なのか気になります。田丸たちにぜひ警察の腐ったシステムを変えたほしいなぁと思います。

 

稲見も第3話では拳銃を持つと何度かフィードバックしてましたが真相が気になります。
次週の第4話もとても楽しみにしてます。

 

CRISIS クライシス4話の動画視聴はこちら!

こちらのサイトでCRISIS クライシスの動画が見れますよ♪

U-NEXT31日無料トライアルに申し込む



U-NEXTでは、31日間無料トライアルに申し込むと500円分のポイントが貰えるので、実質1話を無料で視聴する事が出来ます。

無料期間に解約する事も出来ますので安心してください。

私も1度登録して、31日以内に解約をしましたよ♪

⇒U-NEXT解約の方法

U-NEXT31日無料トライアルに申し込む



※登録する際にクレジットカードの登録が必要なのでご用意ください!

FODフジテレビオンデマンドでも、クライシスの見逃し配信を視聴する事が出来ます。

⇒FODプレミアムコース 31日間無料に申し込む



クライシスは新作のドラマなので1話300円、1話から最終話まで見放題パックは1500円で視聴する事が出来ます。

⇒FODの詳細はこちら


CRISIS クライシス4話が楽しみな視聴者の声

毎回アクションシーンにハラハラさせられる! 30代女性の感想

次回の事件は教授の警護から始まると思われます。予想では、教授は少し変わった人で、何か事件を起こそうと考えているのだと思います。

 

予告では、チームの一員の女の人が教授に殴られ気を失っているシーンがありました。また、教授が爆弾を所持しているようなシーンもありました。

 

教授の警護と言われていたが、逆に教授を捕まえる、という流れなのではないでしょうか。そして予告にもあったように、チーム全員で拳銃を向けているシーンがあり、発砲したような音も流れていました。

 

これは、教授が人質をとり警察を脅しているように見えますが、それとは逆で自害しそうになり、全員で止めているのではないかなと思いました。

 

そして最後の銃声で、教授は亡くなるのではないかと思います。とにかく、直 次回もたくさんのアクションシーンがあるのではないでしょうか。みるのが楽しみです。

 

大学教授は何で狙われているの? 40代女性の感想

今回は、国会議員ではなく、大学教授の身辺を守ることになった、稲見と田丸 。いったい、大学教授は、何故狙われなければならなくなったでしょうか。狙われる重要な研究をしているのでしょうか。

 

いったい誰に狙われているのか。平成維新軍が関わっているでしょうか。大学教授 ならば、警備員が、守れば良いのではと思いますが、稲見達がいる捜査班で、守らなければいけないとなると、国絡みの、事件になりそうです。

稲見、田丸達は、大学教授を、守りきることができるのでしょうか。部屋の爆破も、あるようですが、樫井の、活躍が、ありそうな、気がします。
この件は、きっと、鍛治が関わっていると思います。
前回、大山の過去に、平成維新軍の前身に、関わっていることがわかりましたが、今回は、樫井の過去が、明らかになるのでしょうか。第4話こそ、スッキリの解決なるか。

 

自殺を覚悟で立てこもり?

国家が金を出して雇用し、極秘の任務をやらせていた大学教授を、任務が終了したため、もう必要がない、
ということで暗殺しようとしている情報が、警視庁に入ってきて、特捜班が動くことになります。

 

極秘の任務とは、人の命に関わるような内容なので、もし実行されれば大変なことになります。
大学教授は、自分の開発が、自分の意図とは全く違う使い方をされそうになっていることに気づき
自殺を覚悟で立てこもります。

 

国家の黒幕は、そのまま自殺させてうやむやにしようと計画しています。
情報提供者として潜入している人物からは、有効な情報は入ってきませんが、この件には、宗教団体の神の国も少し関わっているようです。

 

自衛隊時代に、どんなことが起こり、それがどのように傷になっているのか?
少しずつ明らかになってきます。

CRISIS クライシス4話のネタバレ

第4話では有馬教授の要人警護をする事が上からの指示でした。
完璧に見張る事を義務付けされてましたね。なんか裏がありそうと大山たちは危険性を察知していました。

 

有馬教授を警護するという事は危険があると田丸たちは予想します。
けれども一週間だけの警護ですがヤバい匂いがプンプンしますよね。

 

そしてある男性が『いつもお世話になっております。納期は一週間以内になっております』と電話をしていました。

 

その電話を終えた後にもう1人の男性が現れどんな手段を使ってもかまわないそうだと怪しい男2人が話をしてましたがきっと有馬教授を狙う人物でしょうね。その後公安部は有馬教授のもとに行きます。

 

すると有馬教授は君たちはもう必要ないと公安部のメンバーを追い出そうとしていました。
しかし公安部は任務を開始します。

 

公安部は有馬に1日の予定を聞くと『1日の予定などない』と声をあらわにします。
『私の行動についてくればいいだけ』と言われます。かなり傲慢な方ですよね。

 

有馬の警護は大変そうだなぁって思いました。
公安部のみんなは『狙われるのがわかる気がする』と愚痴ってましたね。

 

俺たちが派遣されたってことは何が起こってもおかしくないという田丸の言葉には身が引き締まりました。
有馬教授の部屋ドア越しには稲見や田丸たちが見張りをします。

 

するとパリンと音が鳴り田丸たちは部屋に入りますが有馬教授は無事でしたね。
公安部のメンバーは有馬教授の部屋で張り込みをします。1日中監視も大変ですよね。

 

監視勤務の中稲見は行きつけの飲み屋でお酒は勤務中で飲めずジンジャエールを注文していました。
そこで1人落ち込む女性がいて稲見はその女性に声かけます。

 

稲見は女性に優しく慰めてましたね。おそらく失恋をしたのを悟ったんでしょうね。
すると怪しい二人組は有馬教授を狙う作戦を立てていましたね。

 

翌日有馬教授と稲見たちは部屋に入ろうとしてドアを開けようとします。
樫井が爆弾の匂いがするから開けないようにと有馬に注意を呼びかけます。

 

しかし有馬はその言葉を信じずにドアを開いてしまうのでした。そして爆発してしまい稲見は有馬教授の身を守ります。

 

稲見は車の付近にいた男の背後に銃を向けますがその男もかなり手強くて稲見とその男は一騎打ちしてましたね。

 

かなりのアクションシーンで稲見がとてもカッコよかったです。
すると稲見たちは車に乗り有田たちと逃げるのでした。

 

すると例の男二人組は『代表作になるな!間違いない』と言ってましたね。
今回の任務について吉永は鍛治に提訴しに行きます。

 

有馬教授は何かのおとりなのかと吉永は鍛治に問いただしてましたね。
明らかに命を狙った手口だと吉永は鍛治に訴えます。
今の段階ではしっこくはさせられないみたいですね。

 

そして公安部のメンバーは有馬教授を監視カメラで部屋を監視してました。
吉永は有馬教授と直接話をします。

 

もし警護をつけてくれないようならマスコミに全てを暴露する!と有馬教授は吉永に訴えかけてましたね。

 

一方有馬教授は安全な場所に稲見たちといましたが突然有馬は自分事を話し始めます。

 

有馬はロケットエンジンの設計者みたいです。今回有馬が狙われている目的がまだ見えてない状況ですよね。

 

有馬は吉永に警護をつけてくれと頼んでましたが警護をつけると逆に目を向けることになると上からの指示みたいですね。

 

『やけに簡単に諦めたな』と田丸がボソっと呟いでした。

 

確かに言われてみればかなりの頑固者ですし簡単に諦めると怪しいですよね。
すると有馬は『家族に会いたい。直接が無理なら遠くからでもいいから』と有馬教授は吉永に最後通告をします。

 

その要望通り有馬教授の妻と子どもは買い物から帰る姿を有馬は見守ります。
家族が目の前にいるのに車からしか見えていませんでしたね。

 

その夜、有馬教授は警護中の田丸たちに何か食べる物が欲しいと言いますがそこにはおやつしかないので出来ればおにぎりがいいと有馬教授は田丸に伝えます。

 

おそらく逃げ出す手口を考えてましたね。田丸はコンビニに行くため警護は大山のみとなります。

 

すると有馬はトイレが詰まったからと大山に伝え大山がトイレに入った瞬間背後から叩いて大山は気絶してしまいます。

 

その隙を見て有馬は急いで公衆電話に駆け込んでましたね。

 

一瞬家族に電話するんだと思ってましたがある情報を教えるから直接会って話をしたいと誰かと話をしてました。
一体誰なのかとても気になります。

 

一方公安部は逃げた有馬教授の足取りを探ります。防犯カメラを辿れば居場所が見つかるみたいですね。

 

けれども公安部が有馬教授を警護する任務は終了したそうです。けれども田丸や稲見たちは有馬教授の居場所を探しに行きます。

 

いざとなれば俺が裏に回りしっこくさせるといった田丸の意味深な発言には驚きました。

 

すると稲見たちは有馬教授の妻に有馬が自宅に帰ってきてないか聞き出します。
妻は旦那と2年近く会っていないそうで離婚したのかなぁと思いました。
まったく知らない人から突然妻に電話が鳴ります。

 

『あの人が心配なら自宅に向かえ』という内容でした。
たまには息子の顔を見に来いと妻は有馬に対して思いを田丸たちに伝えます。

 

すると稲見たちは有馬の自宅に進入してましたね。そして稲見たちはドア越しに有馬教授が中にいる事を把握し家の中に進入します。

 

するとそこには有馬教授が爆弾装置を巻かれた状態で立っていました。
『助けてくれ』と稲見たちに泣きながら訴えでしたね。

 

おそらくあの二人組が公園で有馬を見つけて犯行したんだと思います。
有馬教授の爆弾装置と合わせて足元にはボタンが設置されてました。

 

足を離すと爆発するような仕組みになっているみたいです。
発信機付きの爆弾装置なので足を離した瞬間爆発するのは恐ろしいですね。

 

解決方法としては起爆装置を解除しないといけないそうです。
すると有馬教授は偽の設計図を渡したみたいです。出来れば手を引きたいと思い今回の事件が発覚したみたい。

 

偽の設計を送り公安の情報を教えるといった事を有馬教授は行っていたのでした。
すると稲見は別れた奥さんに会った事を有馬に伝えます。

 

すると有馬はこれまで涙してませんでしたが息子の話になると涙が溢れ出てきましたね。
残りわずかの時点で公安総務課長の青沼が有馬の家にやってきます。

 

今すぐ作業を中断しなさいと公安部に告げこれは局長からの命令だと公安部たちは爆発解除の途中で追い出されてしまうのでした。

 

樫井はほんと悔しかったでしょうね。
稲見と共に有馬の家から立ち去ろうとすると有馬は『国家を信用するな』と伝えます。国家の言う通りになると有馬のように命を狙われてしまうんですね。国家の恐ろしさを改めて感じました。

 

すると『そろそろだな』と言った二人組は遠くで有馬宅が爆発するのを待ってました。
残念ですが有馬教授を助ける事が出来ませんでしたね。

 

公安部のメンバーは非常に悔しい思いをしたでしょうし警護していても結果こうなっていたのかもしれませんね。
最後はいつもの飲み屋に稲見は現れます。

 

以前声をかけた女性もいましたね。
落ち込む稲見を見てその女性はとなりに座り何も言わずにそばにいた所で第4話は終了しました。

 

結果的に有馬教授の命を守る事が出来ず悔しい思いをする形になりましたね。
次週はどんな試練が巻き起こるのかとても期待してます。

 

クライシスの動画はこちらのサイトで見逃し配信がされています!

U-NEXT31日無料トライアルに申し込む



クライシスの視聴方法については下で詳しく説明していますのでご参考にどうぞ!

 

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Share