奪い愛、冬 成宮寛貴

奪い愛、冬に成宮寛貴さんが出演?

 

2017年冬の新ドラマ『奪い愛、冬』に、実は、元俳優の成宮寛貴さんがキャスティングされていたという話があるようです。

 

これは非常に気になる情報ですね。

 

その真相を詳しく見ていきたいと思います。

 

2017年1月20日スタートの『奪い愛、冬』は2016年冬に放送され話題を呼んだ金曜ナイトドラマ『不機嫌な果実』と同じ製作スタッフが結集し作られるということで注目度の高いドラマです。

 

現在、公表されている公式ホームページの出演者には、当然ですが、成宮寛貴さんの名前はありません。

 

いろいろ調べてみましたが、元々、成宮さんの名前が掲載されていて、途中で消されたというような情報は見つかりませんでした。

 

また、それ以外の公式発表としても、成宮さんが『奪い愛、冬』にキャスティングされていたという情報は見つけることが出来ませんでした。

 

『奪い愛、冬』と同じ2017年スタートのドラマで、成宮さんがキャスティングされていたとして大きな話題になったものがありました。

 

それは『就活家族~きっと、うまくいく~』ですが、こちらはすでに成宮さん出演のシーンも含めて撮影が進んでいたそうですね。

 

成宮さん降板の知らせを受け、急きょ代役が立てられ、すでに撮影済みだったシーンを取り直したことから、大きくニュースで取り上げられることとなったと思います。

 

一方、『奪い愛、冬』の撮影がクランクインしたのは12月後半でしたので、仮に成宮さんがキャスティングされていたとしても、公にならずして他の俳優さんを新たにキャスティングし、撮影が開始された可能性は十分考えられるのではないでしょうか。

 

では、どうして、公式発表等では見つけることが出来なかった『奪い愛、冬』に成宮さんがキャスティングされていたという話がでているのでしょうか。

 

それは『奪い愛、冬』と同じ製作スタッフで作られた『不機嫌な果実』との共通点にあるのではないかと推測します。

 

『奪い愛、冬』は主人公の池内光(倉科カナ)が会社の同僚・奥川康太(三浦翔平)と婚約中の身であるにもかかわらず、妻帯者になっていた元カレの森山信(大谷亮平)と再会してしまったことで、元カレへの気持ちが抑えられなくなっていくというストーリーです。

 

そこに、光との関係に気づいた元カレの妻や婚約者の母の陰湿な嫉妬や嫌がらせ、さらに、康太に好意を持っている会社の同僚や康太の幼馴染、周りのありとあらゆる人が絡んできて光と康太、信の三角関係をよりドロドロしたものにさせていきます。

 

『不機嫌な果実』は主人公・水越麻也子(栗山千明)は夫がいる身でありながら、元カレの野村健吾(成宮寛貴)と再会し不倫に陥る、さらに工藤道彦(市原隼人)とも不倫、一方、麻也子の夫・航一は麻也子の不倫を知って狂ったように嫉妬心を露わにするも、麻也子の親友・久美(高梨臨)と浮気している、しかも、義理の母からは執拗な嫁いびりを受けるというストーリーでした。

 

ドラマの設定上、既婚者か、婚約中かの違いはありますが、『奪い愛、冬』の人間関係やドロドロした内容を聞いたら、誰しもが『不機嫌な果実』を思い出すようなストーリーでした。

 

『不機嫌な果実』では成宮さんのもつちょっと怪しげで魅惑的な雰囲気と存在感のある演技が非常に評判が良かったため、『不機嫌な果実』を彷彿とさせる『奪い愛、冬』にも成宮寛貴さんがキャスティングされていたという話が出ているのではないでしょうか。

 

成宮寛貴は降板された?

奪い愛、冬 成宮寛貴

成宮寛貴さんがキャスティングされていた、もしくは、キャスティングしようと制作側で動いていた場合、成宮さんは降板されたのか、非常に気になりますね。

 

成宮さんは12月初め、写真週刊誌「FRIDAY」で薬物使用疑惑が報じられました。

 

成宮さんご本人も所属事務所も一貫して薬物使用疑惑を否定されていましたが、12月9日、本人の強い意向により芸能界引退を発表しました。

 

あまりに突然の引退発表だっただけに、このニュースには驚かされました。

 

『奪い愛、冬』の撮影は12月18日にクランクインしており、薬物使用疑惑が報じられたのも、芸能界引退を発表したのも、撮影が始まる前の出来事でした。

 

ですので、2つの可能性が考えられると思います。

 

1つはテレビ局側として薬物使用疑惑がある俳優をドラマに起用できないというコンプライアンス的な問題により、早い段階で降板させられた可能性です。

 

もう1つは、突然の引退発表により、事務所側から降板の申し出があり、それをテレビ局側は受け入れざるを得ない状況だった可能性です。

 

いずれにしても、成宮さんがキャスティングされていたとしたら、非常に残念な結果です。

 

奪い愛、冬 成宮寛貴の演じる予定だった役柄は?

奪い愛、冬 成宮寛貴

成宮寛貴さんが『奪い愛、冬』にキャスティングされていたとすると、主要な役どころであったことは間違いないと思います。

 

『奪い愛、冬』に登場する主要な男役は2つあるのですが、1つは、主人公・光の婚約者で三浦翔平さんが演じる奥川康太役です。

 

もう1つは大谷亮平さんが演じる、光の元カレで、不倫の恋に走るであろう森山信役です。

 

この2つの主要な役で成宮さんが演じるとすると、不倫相手になる森山信役だったのではないでしょうか。

 

『不機嫌な果実』でも成宮さんが演じたのは主人公の既婚者・麻也子の元カレで不倫相手でした。

 

奪い愛、冬』の森山信はまさにそれと同じ設定です。

 

しかも、『不機嫌な果実』での成宮さんは適役であり、演技も評判が良かったと考えると、森山信役以外に考えられません。

 

成宮さんが『奪い愛、冬』に出演するところを見たかったですね。

 

【奪い愛、冬の記事】

奪い愛、冬 成宮寛貴が降板?真相は?

奪い愛、冬のエキストラ情報は?

奪い愛、冬のロケ地について

奪い愛、冬のあらすじとキャストと相関図はこれ!

奪い愛、冬のあらすじと原作は?

奪い愛、冬の主題歌について

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Share