SPONSOREDLINK

砂の塔 最終回 動画

砂の塔がいよいよクライマックス!最終回を迎えます!放送は12月16日です。

 

先週は、弓子と健一の過去が明らかになりました!弓子は、過去に殺人を犯していて、和樹を守る為に健一と離婚をしました。弓子なりの愛情だったんですね!

 

そして、和樹は亜紀の元に帰って来ました。あ~!よかった!って安心している場合じゃな~い!

 

弓子の過去は明らかになりました、しかしハーメルン事件の犯人はまだ明らかになっていません!一体誰なのでしょうか?

 

砂の塔最終回の動画はこちらのサイトで見られますよ♪

 

U-NEXT

31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事も出来ます

 

砂の塔、最終回10話予告動画

SPONSOREDLINK

【砂の塔動画一覧】

砂の塔、動画9話

砂の塔、動画8話

砂の塔、動画7話

砂の塔、動画6話

砂の塔、動画5話

砂の塔、動画4話

砂の塔、動画3話

砂の塔、動画2話

砂の塔、動画1話

砂の塔、最終回10話あらすじ

砂の塔最終回では幼児連続誘拐事件、通称ハーメルン事件が、ついに決着します。

 

一体犯人は誰なんでしょうね。9話の最後には男女2人組という事実が判明しましたね。

 

男女2人組という設定が誰と誰なんでしょうね。

 

タワーマンションの人間か、弓子か、航平が、刑事か来週が楽しみです。

 

そして、誘拐された子供たちの行方はどうなのかいやいよ真相が明らかになりますね。

 

目的が非常に気になります。

 

黄色いカーネーションに込められたメッセージとともにこれらの意味が何なのかわかった時は感動して涙しちゃいそうです。

 

「ハーメルンの犯人を見た」と亜紀に言い残し、突如姿を消した和樹はどうなるんでしょうね。

 

まさか和樹がハーメルン事件に巻き込まれてしまうとは予想にしませんでした。

 

ようやく家族の絆を取り戻しましたし、和樹には今以上に幸せになってほしいです。

 

健一は、和樹を手放さざるを得なくなった弓子が強硬手段に出て、連れ去ったのではないかと焦ります。

 

そう思っても無理はないですよね。

 

そしてある日彼らが住むマンションで、黄色いカーネーションが発見されます。

 

さらわれたのは和樹なのか、それとも別の子どもなのかという疑問が残ります。

 

航平はは犯人らしき人物と遭遇します。揉み合う中、航平に襲いかかります。

 

今からハラハラドキドキしてます。

 

一方、犯人の手掛かりを掴んだ刑事・荒又と津久井は山梨県へ急行します。

 

しかし辿りついたのは誰も住んでいない廃村だったのです。

 

みなさんなぜこんな場所にと思いますよね。

 

9話では14年前の事件がまさかの結末の展開でしたが息子に犯罪者の子供になってほしくない

 

息子の将来を壊したくないという弓子の気持ちは、同じ母親として胸に突き刺さりました。

 

血は繋がっていなくても2歳から愛情を注いで育ててきた亜紀と愛する息子を手放さなければいけなかった弓子のお互いの思いが9話では交差しちゃいました。

 

男女2人組という推理でしたが今ではまだ犯人が予想できないです。

 

個人的には航平じゃなかったらいいなぁって思ってます。

 

誰もが犯人になってもおかしくない状態なので真相が全然読めないです。

 

最終話では涙する展開になるみたいなので、最後は感動と納得のいく結末で終わってほしいですね。

 

そしてスッキリと終わるといいなぁって思います。

 

砂の塔最終回の予想が止まらない!

◆犯人は、生方航平で、共犯者は生方航平お母さん!!!!

 

前に生方家は花屋だったから、黄色いカーネーション!!

 

母親が認知症だからあの口笛を吹いてたとか!! だから犯人は絶対生方航平だ!!!

 

◆犯人は、上階から降りて来たな! そして、高級車‥‥‥ そう言えば、岩ちゃんは、庶民的なチャリに乗っていたな~ 出口調査結果、犯人は、津田寛治氏で当確だな!

 

◆ハーメルンの犯人生方と生方のお母さんの共犯のような気がしてきた。コーチのお母さん認知症っていってたしハーメルンの歌認知症の改善の方法とかいってたし… とりあえずこわい

 

◆弓子様はアレだな。 犯人に襲われる和樹くんを庇い、死ぬパターンやで。 で、死に際に真母親だと発覚するパターン。

 

~知りすぎた隣人 ってさ、隣人って言ってるけど隣人は弓子さんじゃなくて昔、あきさん隣に住んでたのは生方コーチだから 犯人生方コーチかな??

 

◆誰オマが犯人じゃないよね!?でもそうすると考えられるのはコーチしかいないんだけどそれは嫌だよね!

 

◆本当母親って人に 話を聞きたいんだ 何で僕は生まれて どうして僕を捨てたのか それを聞かないと いつまでも気持ちが グチャグチャしたままな気がする お願いします 行かせてください

 

◆ハーメルン犯人ってホラン千秋と運送屋じゃね!?

 

◆いまだ謎なことと気になること ⚫︎血まみれ風呂場 ⚫︎ハーメルン事件犯人 ⚫︎離婚理由 ⚫︎離婚から再婚まで1年 ⚫︎和樹盗撮 ⚫︎「」というタイトルと「知りすぎた隣人」というサブタイトル ⚫︎生方コーチ

 

砂の塔は動画配信サービス見られます

砂の塔を見逃してしまった、録画し忘れてしまった方は、こちらのサイトですぐに見れますよ♪

 

U-NEXT

31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事ができます

 

私も1度登録して、31日以内に解約をしましたよ♪

 

31日間、好きなドラマと映画が見放題でした!

 

⇒U-NEXT解約の方法

 

見れる作品は、海外ドラマ、映画、アニメ、新作のドラマや映画、海外のドキュメンタリー番組、お笑い番組なども見放題です♪

 

U-NEXT


※登録する際にクレジットカードの登録が必要なのでご用意ください!

 

砂の塔最終回のネタバレ

高野和樹は亜紀との電話中ハーメルン事件の犯人らしき人に襲われ誘拐されることになります。

 

和樹と連絡が付かなくなった亜紀は取り乱しますが、健一は弓子の仕業だと思い弓子の部屋を訪ねます。

SPONSOREDLINK

 

この流れからして健一がそう思っても無理はないと思いますよね。そして弓子の部屋の鍵が空いていて、中に入ると花と花瓶が部屋に散乱しています。

 

部屋には弓子の姿はなく、亜紀は弓子に電話をしますが弓子は電話には出てくれません。航平はソラとの電話中に航平は男を追いかけて追い詰めると刃物で腕を切られてしまいます。

 

顔を見た航平は驚きます。一体誰なんでしょうねきっと以外な人物なのかもしれませんね。

 

一方、寛子の息子が行方不明になっていましたがマンションの前では寛子の息子俊くんの服が落ちているのをママ友たちが発見します。服だけが落ちているという気がかりな事件ですね。

 

亜紀と健一は警察に行って和樹が行方不明になったと言いますが取り扱ってはくれません。

 

荒又と津久井は口笛の謎を解くために廃村になった山梨県朝霧村を訪れています。口笛は認知症患者の改善を目的に作られた曲で、その治療を受けたのが宮瀬礼子52歳。

 

誘拐された前田千晶ちゃんが発見された20キロ離れたところに住んでいるのでした。

 

一方で航平は医者で傷の応急処置を受けていますがその背中には大きな傷跡が。見ていてとても衝撃を受けました。航平に深い傷を追っているのわこの時知ったような感じがしました。

 

亜紀は弓子のお店に行って見たいと健一にお願いし、お店に行くと弓子はお店を手放すといい羽田空港に向かったと店のスタッフが言います。

 

急いで亜紀が弓子を追いかけると、弓子を発見します。和樹の行方を聞きトランクにいないのかといい弓子が車のトランクを店のスタッフに開けさせますが中には何も入っていないのでした。

 

先週の行動からして弓子が無理やり連れ出したのかもしれないという亜紀の気持ちもすごくわかります。

 

健一は住んでいるタワーマンションの隣のタワーマンションに駆けつけ、健一は阿相の女を付けて部屋に侵入します。

 

すると台所に阿相の姿を発見し和樹の居場所を突き止めます。健一は部屋の中を探しているとそこに阿相の息子の俊介がいました。何で息子が?って思いますよね。

 

実は阿相は自分で貯金をすると足が付くから自分の息子を誘拐して寛子に身代金を持って来させていたのでした。健一は家族を巻き込んだ阿相を思いっきり殴ります。

 

それを見ていた寛子はその場に泣き崩れてしまうのでした。妻からしたらほんとつらい話ですよね。実の息子を誘拐してまで、、

 

荒又たちはある家を訪れます。すると3人目の被害者の男の子・きむらけんと君の名前が書かれた血の付いた靴下を発見し、黄色のカーネーションも部屋に落ちています。

 

そエンジンの掛かる音がしてすぐに外に出た荒又は一台の傷の付いた白いワゴン車を追いかけます。

 

一方で健一と亜紀は和樹の行方が気になります。最後に電話で言っていた「サプライズ」がソラにより知ることができました。

 

和樹はマンションの屋上でクリスマスツリーを組んでもう一度点灯式をやろうとしようとしていたのでした。

 

可愛らしいアイデアですね。ソラもきっとそのサプライズを楽しみにしていたんでしょうね。早く和樹が見つかってほしいです。

 

健一はまだマンションのどこかにいるのではと思い始めます。和樹は口にガムテープを貼られ手を縛られた状態で、薄暗い部屋で閉じ込められています。

 

一体どこなのでしょうね。ドキドキしながら真相がとてもきになりますね。

 

一方、寛子は「ママ、やっとわかったの。ママが欲しがっていたのは全部偽物だったんだって!」と俊介に言い部屋に飾ってあったクリスマスツリーを倒します。

 

するとその弾みでカセットコンロのガスボンベのガスが噴出し火が付いてしまいますが寛子は気付かず外に出て行きます。

 

それが原因となりマンション上層階から爆発音が鳴り、寛子の部屋が火事になり煙が上がっています。

 

その音は亜紀、和樹も気付きます。マンションでスプリンクラーが起動し水が出てきて住民たちは避難をして行きます。

 

そんな中で、弓子はマンションの中に入って行きます。和樹のいる部屋にも火の手が上がっています。

 

和樹はどうすることも出来ず「助けて!!」と叫んでいます。タワーマンションの大火事というかなり総がかりな展開でしたね。

 

その頃、荒又警部はハーメルン事件の犯人を追跡し、車を発見します。ドアを開けると後部座席には50代の女性の姿宮瀬しかおらず、逃げられたようです。

 

荒又警部はかなり真相に近づいてますね。きっと犯人の目星はついているのでしょうね。早く犯人が知りたいです!

 

弓子が監視カメラを確認をしていると何かを発見し亜紀に電話をします。弓子は、「和樹はその奥の部屋にいる。

 

監視カメラで見てたの。もうエレベータは動かない。お願いだから和樹を助けて」と亜紀に言います。

 

しかし、亜紀の周辺はすでに火の海の状態でしたが。亜紀は弓子に電話で「弓子さん、大丈夫です。今度は私が和樹を助けます。

 

私、母親ですから!」と電話を切り、奥の部屋に突き進んで行くのです。亜紀はほんとすごいなぁって思いました。ただ和樹を守りたい一心で。中々出来ないことだなぁと感じました。

 

そこで亜紀は航平を目撃し、犯人かどうかをききだします。すると航平は犯人だと認め、「愚かな母親を罰するため、世の中クズな母親ばかり。

 

自分のことしか考えていない。俺の母親もそうだった」と体の火傷の跡を見せるのでした。ここまでかなり急展開で話についていくのがやっとでした。

 

やっぱり航平が犯人だったんですね。予告ではそんな気がしていました。航平の発言だとは思えないぐらい衝撃的でしたね。

 

そこに警察や消防の声が聞こえてきます。すると航平はその場から逃げて行きます。亜紀は和樹を起こします。

 

航平階段を下りながら宮瀬に電話をして「今すぐ逃げて!全部バレたんだ。捕まっても全部俺がやったって言うんだよ!分かったね、母さん!」と言い逃げて行きますが航平は警察に囲まれてしまい取り押さえられることになります。

 

母親と共犯だったんでしょうね。そこまでして母親を守りたい航平が見ていてつらかったです。

 

荒又が現れて「残念だが君のお母さん、とっくに捕まっているんだ。自供したよ。一人目は自分が誘拐したと。」と言います。しかし認知症で何も分からずにやっているのだと航平は言います。

 

最後まで母親をかばう航平には少し感動しました。きっと想像以上のつらかったんだろうなぁって。亜紀の前ではいい人を演じていたのでしょうね。

 

航平は自供内容を話し始めます。航平は寛子の息子を探して欲しいと連絡を受けて最上階のマンションに行き、その時に母親から電話が掛かってきてあの口笛を聞かせて欲しいと言われます。

 

それを和樹に見られてしまったのでした。航平は母をどこかに逃したら和樹を逃して自首するつもりだったと亜紀に話します。そして航平は母親の事を話し始めます。

 

「母も大変な人だったんです。母は父のことを本当に愛していたのに、ゴミのように捨てられて。可哀想な人なんです。

 

母が認知症になったのは一年前です。そこで光輝くんを誘拐しました。光輝くんは母親にネグレクトされて家には帰りたくないと。母も子供と一緒にいると元気になるみたいで。」複雑な家庭環境で航平は育ってきたんですね。

 

そんな航平は同じ思いをする子どもを救ってあげたかったんですね。ジーンときちゃいました。

 

朝霧村の家には誘拐した子供たちが無事に発見されたのでした。航平は母親のために子供たちを誘拐して面倒を見させていたのでした。

 

子供達も家に帰りたくない子ばかりだったので逃げ出すこともなかったのです。亜紀は「何で、次々と子供達を誘拐したの?」と聞きます。

 

航平は「あの子たちが昔の自分に見えたんです。愛して欲しいのに愛してくれない。あの頃の俺と同じに見えた。助けてあげたかった。それと、母親たちに気付いて欲しかった。子供が目の前からいなくなったらどんな思いをするか」見ていて感動しました。

 

私も1児の母親ですがそれぞれの家庭環境は違います。航平もつらかったんですね。最終回まで全然わからなかったので犯人という結末でしたがたくさんの母親の愛情が与えられずに育った航平が可哀想に見えました。

 

亜紀は弓子が野次馬の中にいることに気付いて駆け寄ります。弓子はカバンを亜紀に渡し笑みを見せ、その場を立ち去ろうとした所で和樹は弓子を呼び止めます。

 

弓子は和樹に「雪が降っていたそうよ。あなたのお母さんがあなたを産んだ日。病院の外に大きな木があったそうよ。

 

寒さで震えている人を暖かく和ませてくれるような。それで、君の名前を和樹にしたんだって。」と当時の事を伝えると和樹は涙を流します。

 

そして和樹は弓子に「母に伝えてくれませんか?僕は今、すごく幸せなんで、僕を産んでくれてありがとうございました。って。」

 

弓子は背中越しに目に涙を浮かべながら「分かった。伝えるわ。」と、その場を去って行きます。

 

このシーンはほんと感動しました。最後まで弓子は実の母親が自分である事を言わなかったですね。

 

私個人的には和樹はこの時もう知っていたのかなって見ていて感じました。

 

1年後。亜紀は弓子宛にメッセージを送ります。航平の犯した罪の重さや14年間にその手で抱きしめていた赤ちゃんを苦渋の決断で手放すと決め、最後まで母親だと名乗らずに身を引いた母親の生き方を。

 

弓子と出会い見てきた亜紀は一層強くなったとメッセージでは言ってましたね。

 

砂の塔ではいろんな事件を交えて母親であるべき姿を改めて感じさせるドラマでした。

 

まだ幼い子どもを持つ私にはドラマを見てより一層我が子にたっくさんの愛情を注いでいこうと思いました。

 

母親は人それぞれですが子どもを愛さない母親はいないです。

 

いろんな事を考えさせられるとても貴重な体験ができて砂の塔を見てよかったなぁって思いました。

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします