SPONSOREDLINK

カインとアベル 9話 動画

カインとアベルの9話は12月12日に放送です♪

 

月9カインとアベルはこちらのサイトで無料視聴が出来ますよ!

 

⇒カインとアベルを無料で見る

フジテレビの公式オンデマンドで、最初の1ヵ月は

 

最新のドラマやフジテレビの番組、映画が全部無料で見放題!

 

無料お試し期間中に解約する事も可能です!

 

私も、無料期間中に解約をしましたが、料金は一切かかりませんでした!

SPONSOREDLINK

 

※登録の際にクレジットカードが必要になります。

 

カインとアベル9話予告動画

 

カインとアベル9話あらすじ

  高田総合地所の役員となった高田優(山田涼介)は兄でもある副社長・隆一(桐谷健太)の不正を暴いて会社から放逐。優の情熱は、ますます仕事へと傾斜していく。

 

優には、仕事の他にもう一つ手に入れたいものがあった。それは、仕事を通じた信頼感から芽生えた隆一のフィアンセ・矢作梓(倉科カナ)への禁断の想い。

 

役員室に梓を呼び出した優は、隆一との結婚式が中止になったことを理由に仕事を続けてほしいと頼む。

 

しかし、梓はかたくなに退職すると言う。優には、なぜ梓が仕事を捨ててしまうのか?隆一にこだわるのか?が、理解できなかった。

 

仕事も、そして梓をも失ったことにショックを受ける隆一は、別荘に身を隠していた。そこに、梓が訪ねて来るのだが…。

 

一方、隆一が会社から抜けた穴は大きかった。抱えていたプロジェクトが多岐に渡っていたからだ。

 

貴行(高嶋政伸)は頭を悩ませながらこれを役員たちに分配する。もちろん優にも仕事が割り振られたのだが、貴行が手元に残した古いファイルが気になる。

 

貴行は、会長の高田宗一郎(寺尾聰)が社長の時代から検討されていた巨大プロジェクトだが、リスクが大きすぎると封印され続けた案件だと話す。

 

もちろん、隆一も検討はしたが断念していた。興味を示す優に、貴行は社長命令として、このプロジェクトに手を出すことを禁じる。

 

仕事における禁断の果実。隆一すら成し得なかったというプロジェクトにひきつけられた優は、黒澤幸助(竹中直人)に、ある事を頼むのだが…。

引用:http://www.fujitv.co.jp/CainandAbel/story/story_09.html

 

前へ | 次へ

カインとアベル9話見どころ

第8話で高田総合地所の役員となった優は隆一の盗聴器をしかけるなどの不正を暴いて隆一は会社から解任されてしまいます。

 

優の情熱は、ますます仕事へと傾斜していくこととなります。

 

優には、仕事の他にもう一つ手に入れたいものがあった。

 

それは、仕事を通じた信頼感から芽生えた隆一のフィアンセ・梓への想いです。

 

役員室に梓を呼び出した優は、隆一との結婚式が中止になったことを理由に仕事を続けてほしいと頼みこみます。

 

しかし、梓はかたくなに退職すると答えます。この時の優には、なぜ梓が仕事を捨ててしまうのか隆一にこだわるのかが、理解できなかったのです。

 

確かに梓が仕事にかける情熱も近くで見ていましたし辞めたくないって優に相談していたのですもんね。

 

優はそんな梓の事が好きになったんだと思います。

 

仕事も、そして梓をも失ったことにショックを受ける隆一は、別荘に身を隠していましたがそこに、梓が訪ねて来るのだです。

 

隆一はきっと梓はこんな落ちぶれた俺についてくるはずないと思っていますよね。

 

男側からしても情けない姿ですし。隆一は梓に「優の事が好きなんだろ?」と梓に問いかける隆一の表情にも気になりますね。

 

けれども私が梓と同じ状況だとしたら梓と同じように隆一のものに行くと思います。

 

きっと隆一が梓を突き放すような事があったとしても説得して一緒になる決断をするだろうなぁって妄想の範囲内で考えました。

 

一方、隆一が会社から抜けた穴は大きかったのです。抱えていたプロジェクトが多岐に渡っていたからなのです?

 

貴行は頭を悩ませながらこれを役員たちに分配する。

 

もちろん優にも仕事が割り振られたのだが、貴行が手元に残した古いファイルが気になります。

 

貴行は、会長の高田宗一郎(寺尾聰)が社長の時代から検討されていた巨大プロジェクトだが、リスクが大きすぎると封印され続けた案件だと話します。

 

もちろん、隆一も検討はしたが断念していた。興味を示す優に、貴行は社長命令として、このプロシェクトに手を出すことを禁じる。

 

この予告では何人かの方は今まで誰も手を出していないプロジェクトを優ならなんとかできるのではないかと思いますよね。優の言動が気になります。

 

仕事における禁断の果実の行方の一方で、隆一すら成し得なかったというプロジェクトにひきつけられた優は、黒澤幸助(竹中直人)に、ある事を頼みます。

 

そのある事とは一体なんでしょうね。幸助がほんとに読めないです。

 

ビジネスとして近づきましたがその真相が今後の展開を巻き起こしそうな予感がします。

 

梓は隆一の元に訪れ、どんな想いで隆一と今後を話すのか、隆一との行方が気になりますね。

 

高田グループの組織の中に入った優は、変わらず今までの優のやり方で事業を進めていくのでしょうかね。

 

とても期待してます。前回での自然でベットを配置するような発想力はほんと感動しましたし、役がらの優のファンになっちゃいました。

 

結婚はさせないみたいな梓へのセリフもあったので優は梓への思いを形にし、兄との結婚を阻止するのかどうか。。

 

あまり期待しない方がいいような展開になってきましたが私としては優と梓にはうまくいってほしいです。第9話が待ち遠しいです。

 

カインとアベル9話の動画を無料で見るには

 

月9カインとアベルはこちらのサイトで無料視聴が出来ますよ!

 

⇒カインとアベルを無料で見る

SPONSOREDLINK

フジテレビの公式オンデマンドで、最初の1ヵ月は

 

最新のドラマやフジテレビの番組、映画が全部無料で見放題!

 

無料お試し期間中に解約する事も可能です!

 

私も、無料期間中に解約をしましたが、料金は一切かかりませんでした!

 

カインとアベル9話ネタバレ

高田家の朝の様子から9話が始まりました。

 

優は貴行に兄貴の居場所を聞きますが、隆一は別荘にいると言った貴行の表情は元気のない様子です。

 

優は梓に電話して仕事前に来てくれと言います。

 

ここでの優の心境は結婚式が中止になったので梓は会社に残ってくれると思ったんでしょうね。

 

優は梓に、新しい都市計画のリーダーになって欲しいと言います。

 

梓は結婚式がなくなっても自分は隆一の婚約者、退職すると話します。

 

優を役職で呼ぶ梓にはとても距離を感じました。

 

優のせいで愛する隆一をドン底に突き落としてしまったんですものね。

 

いくら弟だとしても今まで通りには接する事はできないですよね。

 

何もない隆一に、梓は隆一がいれば幸せだと言います。

 

私も梓に同情しちゃいました。優の変わり果てた姿は驚きましたね。目が笑ってなかったですね。

 

梓は別荘を訪れ、チャイムを鳴らしますがカギを開けない隆一に会わずに帰ってしまう梓。

 

隆一もつらいですよね。梓は会いに来た隆一の愛を感じました。

 

一方で隆一がいなくなった会社では残った仕事がたくさんあり、その仕事を振り分ける貴行でした。

 

その中に古いファイルがあり、会長の頃から残されたファイルで隆一も取り組もうとしたが中止したとされてきたプロジェクトが出てきます。

 

新宿第二地区開発事業でした。

 

リクスが大きく危険な仕事でしたが優は担当したいと言います。

 

きっとその開発に興味をもったんでしょうね。この事が会社にとって大きな引き金になっちゃいますよね。

 

早希さんのお店で梓とひかりは飲みます。梓を心配するひかりでしたが梓は結婚式に隆一が来ない予感はしていたとします。

 

早希は隆一は梓の幸せを思ってこなかったのかもと話しします。

 

確かに早希の言ってる気持ちわかります。

 

梓の事を愛しているからこそ来なかったんでしょうね。

 

隆一の優しさは梓にはきっと痛いほどわかっていると思います。

 

優は貴行が禁止したファイルを持ち出していた。

 

優は黒沢を呼び、ある政治家を紹介して欲しいと話します。

 

その代議士は噂の多い男でありますが黒沢は段取りをつけてやるといいます。

 

黒沢はそんな優を止めなかったでしたね。

 

その経緯は高田の会社を潰すためなのか優を罠へと仕掛けるのか、黒沢の思惑はますますわからなくなりました。この時の優はどんな心境だったんでしょうね。

 

梓は隆一の元へ行きますが貴行から預かった万年筆をドアノブにかけ、今日も会わずに帰ります。

 

同じ頃、隆一からもらった万年筆を眺める優でしたが、桃子が優の部屋を訪れます。

 

変わり果てた優の姿を見て桃子は仕事は一人じゃできないと言いますが優には全然響いてない様子でもう周りの事が見えてないんでしようね。

 

優は今までの優しい表情というよりも経営者の顔をしていました。

 

一方で帰る梓を隆一は追いかけます。何故自分を責めないかと聞く隆一でしたが家族だからと梓はい言います。

 

隆一がいればそれでいいと。何もかも失った隆一を支えていく梓の意思は固かったですね。

 

再度梓にプロポーズする隆一は梓を抱きしめます。

 

アポがとれたと黒沢から電話がきます。優は貴行に呼ばれ、禁止したプロジェクトに手を出していると叱られます。

 

勝手な行動の優に、社長命令だと貴行は言い放ちますが、優は納得の行かない様子で部屋を出ます。

 

会長である宗一郎が優に会いにきます。

 

宗一郎は優に最近どうか?と質問しますが、優はもっとせめて行かないと言い放ちます。

 

トップになった優の変貌ぶりに宗一郎も言葉が出なかったですね。

 

宗一郎は優に「勝つことにこだわりすぎると大切なものを失う。大切なものは何か、側にいるのは誰かを考えて行動しなさい」と助言しましたが優にはこの言葉の意味をわかっていないように感じました。

 

優にとって大切なものは何か。段々と孤立していってて見ていて可哀相だなぁと感じました。

 

ひかりに電話するは一緒に食事をしようと誘いますが予定があり断ります。

 

久々にHIROSEに来た優ですが、ひかりもドタキャンになったと訪れます。

 

取締役になって責任の重さにピリピリする優に早希は一人で背負い込みすぎなんじゃないかと言います。

 

早希のいう言葉は痛いほど胸に刺さりました。けれども今の優には経営者ゆえの姿で誰からの助言も感じないでしょうね。

 

気まずいムードになり帰る優を追いかけるひかりは戻って飲み直そうと言います。

 

優はひかりにHIROSEでなくて高級フレンチに行こうと誘いますが変わってしまった優に距離をおいてしまいその場を後にするのでした。

 

ひかりには今の優をどうしてあげる事もできないですしつらいですね。

 

けどひかりは笑顔で居続ける姿は可愛らしくて見ていて感動しました。

 

蕎麦屋で優は大和田と会います。

 

新宿第二地区の事業の交渉を交わしますがお礼というキーワードも出てきて何やら怪しい事になってきちゃいましたね。

 

一方で黒沢に会いに来た隆一は新しい事業を立ち上げると黒沢に言いますが自分と組んで高田をのっとるかと冗談交じりで言います。

 

黒沢はもしかしたら高田を乗っ取るのが目的なのかな?って思いました。話は変わり、優が大和田を紹介してくれと頼まれたといいます。

 

状況を把握した隆一はその場を去ります。弟の暴走を止めなければ高田は危ないですね。

 

隆一は優のもとへ乗り込みます。新宿の土地開発から手をひけと隆一は説得しますが優は上にたたないと見えない景色があると言います。

 

優にとって今まで味わった事のない景色ですもんね。兄貴を越して今いる以上は父である貴行にさえ止めれない状態で非常に危ないなぁと見ていて感じましたし、変貌ぶりは目が笑っていなくて怖かったです。

 

ある日高田に検察が押し寄せます。社内を調べはじめる検察。

 

テレビで土地開発の見返りに代議士に金銭の授受があったと報道されます。

 

この様子を心配そうに見ている宗一郎、貴行、隆一、梓の表情もつらそうでした。

 

贈収賄の重要参考人として同行を求められる優で第9話が終了しました。

 

いきなりの急展開でしたね。

 

誰と優の事を止める事ができず、優の取った行動は事件へと発展してしまいました。

 

来週どうなるのか。そしてその真相が気になります。

 

月9カインとアベルはこちらのサイトで無料視聴が出来ますよ!

 

⇒カインとアベルを無料で見る

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします