SPONSOREDLINK

華麗なる事件簿 動画 9話

織田裕二さん主演、IQ246華麗なる事件簿9話は12月11日の放送です!

 

IQ246華麗なる事件簿9話を見逃してしまった方は、こちらからのサイトで動画の視聴できますよ!

 

華麗なる事件簿以外のドラマや、映画も見放題なので、おすすめです♪

U-NEXT

31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事も出来ます

 

IQ246華麗なる事件簿9話予告動画

https://twitter.com/koyu_mana/status/805301252494004224

IQ246華麗なる事件簿9話あらすじ

奏子(土屋太鳳)の活躍により、殺人事件の容疑が晴れた沙羅駆(織田裕二)は無事に北鎌倉の屋敷に戻るが、戻った矢先、沙羅駆たちのもとに刑務所に拘留されているマリア・T(中谷美紀)が服毒自殺を謀り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入る。

 

すると時を同じくして御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家に来訪。対面した沙羅駆は黒木から政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと要請される。

SPONSOREDLINK

 

賢丈(寺島進)は黒木の要請を引き受けるよう沙羅駆を促がすが、沙羅駆はマリア・Tの件を解くことが優先だと、黒木の申し出を即座に拒否する。

 

写真 その後、沙羅駆は奏子と賢正(ディーン・フジオカ)を伴い、法医解剖室へマリア・Tの遺体を確認に訪れる。

 

遺体と対面した沙羅駆はマリア・Tの遺体を一目見た途端、あることに気付く。そして、マリア・Tが自分たちを監視していると察した沙羅駆が解剖室の監視カメラに呼びかけると案の定、解剖室のパソコンにマリア・Tが姿を現し、「あなたの大切なものが、私の手の中にある」との意味深な言葉を残して消えてしまう。

 

マリア・Tの挑発に憤る賢正。と、そんな賢正に賢丈が車にはねられ病院へ搬送されたとの連絡が入り、沙羅駆ら3人は病院へと急行する。

 

沙羅駆たちが見守る中、賢丈の手術が始まるのだが、その矢先、病院内の電気が停電。

 

沙羅駆は病院の電源が何者かによってハッキングされ、オペ中の賢丈の命はもちろん、病院の患者全員の命がマリア・Tに掌握されてしまったと悟る。

 

と、そんな沙羅駆に、警視総監の棚田(篠井英介)から沙羅駆が警護の指揮を依頼されていた要人つまり御前様(井上真樹夫)が入院する病院の電源がハッキングされてしまった為、沙羅駆に病院へ来て欲しいとの連絡が入る。

 

奇しくも御前様が入院した病院とは賢丈と同じ病院であった……。

引用:http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/

 

【IQ246華麗なる事件簿の動画】

IQ246華麗なる事件簿動画8話を無料で見るには!

【ネタバレあり】IQ246華麗なる事件簿動画7話を無料で見るには!

IQ246華麗なる事件簿動画6話を無料で見るには!

IQ246華麗なる事件簿動画5話を無料で見るには!

【ネタバレ注意】ドラマIQ246華麗なる事件簿動画3話を無料で見るには!

【無料動画】ドラマIQ246華麗なる事件簿2話

【無料動画】ドラマIQ246華麗なる事件簿1話

 

IQ246華麗なる事件簿9話見どころ

奏子の携帯にマリア・Tの訃報の連絡が入る。

 

マリア・Tが死んだ。

 

拘留中、何者かがマリア・Tに渡した服の差し入れ。警察の制服を着た女性が差し入れた。

 

マリア・Tは知っていた。差し入れのことを。

 

そして襟元に仕込まれた「薬」の存在を。

 

知っていたからこそそれを取り出し、不吉な笑みを浮かべそれを飲込んだのだ。

 

あの錠剤は一体何だったのか?あの笑みの意味は何を示しているのか。

 

あの薬がどんなものかを知っていたのだろうか?

 

いったい誰がマリア・Tに薬を届けたのか。服を差し入れたあの女性は?

 

そもそも本当に拘留されたのはマリア・Tだったのか?

 

もしかしたら、服を差し入れたあの女性が本物の「マリア・T」なのではないだろうか?

 

考えられなくもない。マリア・Tは全身整形をしたのだから。

 

別にマリア・Tが存在していてもおかしくはないのだ。

 

拘留されたのは偽物のマリア・T。

 

そして服を差し入れたあの女性が証拠隠滅のために「薬」を飲ませた。

 

死んだ理由は証拠隠滅か?それとも・・・

 

前回の事件のときにも感じた違和感。

 

拘留中のマリア・Tはいったいどうやって「13」のメールを配信できたのか

 

犯罪コンサルティングは指示を出さなくてはいけない。

 

メールの配信はどこからだったのだろうか。

 

どうやって法門寺の指紋やDNAを採取できたのか。

 

オーダーメイドのコートは?

 

誰が発注できたのか?

 

様々な疑念を残し、法門寺たちは法医解剖室へ向かう。

 

死亡したマリア・Tを「監察」する法門寺。

 

何かに気づく。一目で気づいたもの、それはいったい何だったのか・・

 

さらに誰かに見られていることにも気づく法門寺。

 

PCにうつし出される

 

「あなたの大切なものが、私の手の中にある」という言葉。

 

どう意味か。

 

マリア・Tは生きている?

 

挑発にのる賢正。

 

共犯者がいる可能性はあるのか?

 

監察医の森本を扮した「マリア・T」は本当に法門寺の知るマリア・Tだったのか?

 

マリア・Tの疑問は解決されないまま、また事件が起きる。

 

今度のターゲットは88代目賢丈。

 

事故だ。

 

病院に搬送される賢丈。

 

連絡を受けた、法門寺、賢正、奏子は急いで病院に向かう。

 

法門寺たちが見守る中、賢丈の手術が始まる。

 

そして、停電。

 

手術中の賢丈は・・・命は助かるのか?

 

停電の原因は病院の電源をハッキングされたものだった。

 

賢丈や病院全体の患者の命は・・・

 

そしてまだまだ続く、法門寺と牛田の決戦。

 

牛田は「信頼に足る人間」を見つけることができるのか?

 

その必要性に気づくことができるのか?

 

そして、マリア・Tの真実の解明はいかに?

 

IQ246華麗なる事件簿9話動画はこちらから見られます

華麗なる事件簿を見逃してしまった方は、こちらのサイトですぐに見れますよ♪

U-NEXT

31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事ができます

 

私も1度登録して、31日以内に解約をしましたよ♪

 

31日間、好きなドラマと映画が見放題でした!

 

⇒U-NEXT解約の方法

 

見れる作品は、海外ドラマ、映画、アニメ、新作のドラマや映画、海外のドキュメンタリー番組、お笑い番組なども見放題です♪

SPONSOREDLINK

 

U-NEXT


※登録する際にクレジットカードの登録が必要なのでご用意ください!

 

華麗なる事件簿9話のネタバレ

マリア・Tが毒殺される・・・

 

そんな衝撃的なシーンで終わった前回。

 

奏子や賢正たちの活躍でやっと容疑が晴れ、無事に屋敷へ帰還した法門寺。

 

前回の活躍で奏子を認めつつある法門寺。

 

ホームズの相棒、“ワトソン”を思わせる、奏子のフルネームを初めて口にした。

 

そんな和やかな雰囲気の中、奏子に一本の電話が入る。

 

「マリア・Tが毒殺された!」と。

 

遺体の保管されている場所、監察室に向かおうとする法門寺。

 

「若様!」

 

賢丈が御前会議の「あの方」が手術をするため、護衛を受けるよう要請してきた。

 

「あの方」の極秘の入院。「あの方?」・・・

 

御前会議幹部の黒木が秘密裏に警護の指揮を取れと直々に法門寺に依頼しに来た。

 

マリア・Tを追いたい法門寺は口説く黒木を一喝し、屋敷を後にする。

 

急いで監察室に向かう法門寺たち。

 

マリア・Tの遺体を確認する。マリア・Tの顔を手で優しくさすりながら法門寺は気づく。

 

「これを剥がしてください」

 

何かに気づいた法門寺は指示をする。剥がす?

 

首元が何か取れそうな様子をうかがわせる。

 

マスクだ!

 

マスクの下から現れたのは全くの別人だったのだ。

 

留置所をでたマリア・Tはどこかのタイミングでこの遺体と入替ったのだった。

 

マリア・Tは死んでいなかった。

 

どこからか監視されていると知っている法門寺は、近くのPCに向かって問いかける。

 

「ごきげんよう、マリア・T。脱獄おめでとう、気分はどうかな?」

 

少し挑発気味にPCを除く、法門寺。

 

「挑発しても無駄だわ・・だってあなたの大切なものは、私の手の中にあるから・・

 

心を許し、仲間を増やした・・それがあなたの弱点」

 

何を企んでいるのだろうか・・・

 

マリア・Tに激こうする賢正。

 

落ち着くように法門寺はなだめる。

 

そんな時、賢丈が病院に運び込まれたと連絡が入る。

 

場所は順心堂病院。今回の犯罪のターゲットとなる場所だった。

 

慌てて病院へと向かう法門寺たち。

 

時を同じくして、同病院に「あの方」が手術のため入院してきた。

 

護衛は警視総監直々だった。

 

一方、手術の終了を待つ賢正と奏子。

 

「父は実の息子より、若様を大切にしてきました」

 

賢正の想いを知る奏子。

 

法門寺と賢正の過去が想起する。再会の場だ。

 

銃を向ける賢正。

 

「君はマリア・Tに騙されているだけだ。賢丈の息子だろう。君は真実を見定められると知っている」

 

と法門寺。この時何があったのだろうか・・・

 

今回、異様にマリア・に敏感になっていることと何かかかわりがあるのだろうか?

 

停電か?

 

何度も何度も電源が落ち入りしている。

 

法門寺は気づいた。やられた!

 

マリア・Tからのモールス信号だった。

 

「HACKED」

 

病院の電源をハッキングしたという合図だった。

 

賢丈と「あの方」が手術中だ。

 

警察にマリア・Tから脅迫状が届く。

 

「日本銀行のパスワードを教えろ」と・・・。

 

警視総監からの連絡が入る。法門寺にマリア・Tのテロをやめさせるために力を貸してほしいと。

 

 

「私は、私の大義にのみこの頭脳使う!」と警視総監の依頼を断る法門寺。

 

だが、ハッキングされているのは賢丈もいるこの病院。

 

停電のため一時中断された手術を一刻も早く再開させなければならない。

 

時間との勝負だった。

 

マリア・Tのやり方に憤りを隠せない賢正は「マリア・T を倒す!」と法門寺に詰め寄った。

 

「マリア・Tを殺します!!」

 

「ならん!!」

 

「殺します!」

 

「ならん!!!」

 

やりとりが往復する。

 

意見の変わらない法門寺に「父を頼みます」

 

そう言い残し、賢正は立ち去った。

 

そんな賢正を追うことなく、マリア・Tを探しに出る法門寺。

 

まず、院長の部屋に

 

「犯人は余計な犠牲者は出したくなかったようだ。」

 

一方、警察は厳重体制をとっていた。

 

「むしろ殺されたいと思っている・・・・」マリア・Tが?

 

「間違っている!!間違ってる!間違ってる!」納得のいかない奏子。

 

「IQが高くたって、低かったって正しいものは正しい。間違ってるものは間違ってる!」

 

「お父さんとお母さんからもらった大切な命。たった一つの命なんです」

 

「君は正しい・・・さすがは私の護衛がかりだ・・・」優しく微笑み、そっと奏子の肩をたたいた。

 

まずは犯人探しだ。そう訪れたのは外科の指揮をしている医師・毛利の下だった。

 

毛利は上からの圧力に相当なストレスを感じているようだ。

 

「あの方」の手術の中断に相当追いこまれているようだった。

 

そんな毛利の状態を知った法門寺は追い詰める。

 

「ミス」という言葉を何度も何度も連呼し反応を見ている。

 

どうやらこの「ミス」に今回の犯罪の因果関係があるようだ。

 

手の震えが止まらない。

 

毛利に言う。「例のハッキング犯は、医師に成りすましてこの病院にいる」と。

 

何度か毛利とコンタクトをとり、犯人の出方を待った。

 

マリア・Tにも監視されているのを逆手にとり、逆にハッキングし警視庁に偽物のメールを送る。

 

いつでもどんな状況でも監視しているマリア・Tはすぐに偽物のメールだと訂正を送信した。

 

遅かった。マリア・Tの反応を待っていたかのようにメール送信のエラー。

 

「やるわね」と法門寺の行動を面白がっているような笑みを浮かべるマリア・T。

 

共犯者を刺激すればマリア・Tに連絡を取ると踏み、トラップを仕掛けた。

 

今回の犯罪の引き金は「医療ミス」

 

医療ミスにより妻を失った想いがマリア・T に付け入られる隙を造らせたのだ。

 

このハッキングをやめるよう説得をする法門寺。

 

「家族のように大切な人なんだ・・・君の妻のように・・」

 

と、同情を誘いハッキングの解除を願い出た。

 

犯人は降参した。

 

同時に賢丈も「あの方」の手術も再開。ホッと心緩ます。

 

そうかと思いきや犯人が連絡を取っていた携帯メールからデータを盗み、ハッキング。

 

とうとうマリア・Tの居場所を突き止めた。

 

マリア・Tに逢いに行く。

 

「私がなぜ日本銀行のパスワードを要求したかわかる?」

「君がお金に興味があるとは思わないな・・・」

「やっぱり・・あなたは私のことが分かるのね」

 

お金のあるなしで優劣の付く理不尽な世の中を変えたいのだとマリア・Tの演説は続く。

 

「時には殺人も必要になる」これをかなえるためには殺人も必要枠だという。

 

「そもそもどうして人を殺しちゃいけないの?」

 

「法律で決まっているからなんて言わないわよね?法律なんて私やあなたよりIQの低い者たちが決めたものよ」

 

「人は何のために言葉を話すのか・・・」

 

「だめです!!!落ち着いてください!!」

 

止める奏子を押しのけ、マリア・Tに銃口を向ける賢正。

 

「やめろっっ!賢正っっ!」

 

銃は放たれた! マリア・Tに放たれた銃弾は身代わりとなった法門寺の首元に命中する。

 

 

スローモーションのように瞬間(とき)が流れる。倒れこむ法門寺は言う。

 

人は何のために言葉を話すのか・・・

 

お互いを理解し、コミュニケーションを図るため。

 

獣のようにお互いを殺しあう必要はない!!

 

賢正のしていることはマリア・Tと一緒だと告げる。目を覚ましてほしい一心で。

 

「私はお前をマリア・Tのような人殺しにはしたくない・・・・」

 

「唯一無二の執事だ・・・」

 

そう言い残し、気を失う・・・・・

 

と、嘆き法門寺を揺さぶる奏子。強く!強く揺さぶった・・・・

 

意識が遠のきそうな法門寺は気を取り戻し奏子を罵倒した。

 

さっそうと姿を消したマリア・Tは行動を起こしていた。

 

「法門寺沙羅駆を射殺しろ!!!!」

 

警視総監のふりをし指揮命令を出したマリア・T。

 

法門寺とマリア・Tは共犯だと思わせ、法門寺の射殺を指揮したのだ。

 

射殺命令が出たことを山田から知らされる。そうこうしているうちに特殊部隊SATに包囲される。

 

SATに包囲された法門寺、賢正、奏子は・・・・

 

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします