SPONSOREDLINK

華麗なる事件簿 動画 8話

 

織田裕二さん主演、IQ246華麗なる事件簿8話は12月4日の放送です!

 

前回のストーリーでは、佐野ひなこさんが人気女優の千草あやめ役として出演されました! 美園麗子役は山口紗弥加さんでした~!8話のストーリーが気になります!

 

IQ246華麗なる事件簿8話を見逃してしまった方は、こちらからのサイトで動画の視聴できますよ!

 

華麗なる事件簿以外のドラマや、映画も見放題なので、おすすめです♪

 

U-NEXT

31日間トライアル実施中!

しかも、31日間以内で解約する事も出来ます

 

IQ246華麗なる事件簿8話予告動画

https://twitter.com/momomorin_ch/status/803143980816863232

 

IQ246華麗なる事件簿8話あらすじ

沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出。

SPONSOREDLINK

 

“マリアT”が裏で操っていた一連の殺人事件を沙羅駆が解決していたことがマスコミに取り上げられ、沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡ってしまう。

 

そんな矢先、都内のとある一軒家で爆発が起こり爆発跡からその家の住人でフリーライターの九鬼(小島康志)という男が刺殺体で発見される。

 

現場にあった凶器のナイフから沙羅駆の指紋が検出され、そのうえ周辺の目撃情報からも沙羅駆を見たとの証言が多数あがり、なんと沙羅駆が殺人容疑で警察に連行されてしまう。

 

茫然とする奏子や賢正(ディーン・フジオカ)をよそに、警察に拘留されても一人落ち着き払い飄々とした態度の沙羅駆。殺された九鬼はスキャンダルをネタに金を要求するいわゆる“ブラックジャーナリスト”で、実は沙羅駆についても告発記事を執筆し週刊誌に発表する予定だったことが判明。

 

それにより二人の繋がりも見つかり、警察では益々沙羅駆への容疑が深まっていく。

 

そんな中、奏子は沙羅駆の無実を主張し、真犯人を見つけ出そうとするが、捜査本部からは事件への関与を禁じられてしまう。

 

一方、捜査本部では捜査を指揮する警視庁捜査一課管理官・牛田寛人(稲垣吾郎)が、沙羅駆に対し九鬼殺しの容疑者としてだけではなく、これまでのマリアTが黒幕だった一連の殺人事件の真の首謀者ではないかという疑惑を向けていた。

 

実は牛田と沙羅駆は8年前、牛田が指揮を執っていたある事件から続く因縁があったのだ。その事件で沙羅駆に苦い経験を味合わされた牛田は、沙羅駆の人並み外れた頭脳に関して身をもって知るがゆえに、沙羅駆であればその叡智を駆使して犯罪を操ることは可能だと考え、沙羅駆が犯罪者だと固執。沙羅駆は牛田から取調べを受けることになり、二人は運命の再会を果たす。

 

その頃、捜査への関与を禁じられていた奏子は独自に捜査を始めるが……。

引用:http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/

 

IQ246華麗なる事件簿8話見どころ

 

華麗なる事件簿 8話

 

沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出してしまう。

 

“マリアT”が裏で操っていた一連の殺人事件を沙羅駆が解決していたことがマスコミに取り上げられ、沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡ってしまったのだった。

 

あれだけの素晴らしい能力と才能ならば知れ渡らないのももったいない気がするが・・・。そんな矢先、都内のとある一軒家で爆発おこる。

 

爆発跡からその家の住人でフリーライターの九鬼(小島康志)という男が刺殺体で発見された。現場にあった凶器のナイフから沙羅駆の指紋が検出され、そのうえ周辺の目撃情報からも沙羅駆を見たとの証言が多数あがり、なんと沙羅駆が殺人容疑で警察に連行されてしまう。

 

茫然とする奏子や賢正(ディーン・フジオカ)をよそに、警察に拘留されても一人落ち着き払い飄々とした態度の沙羅駆。

 

さすが沙羅駆。通常の人には理解できないようなことがわかる人だと、自分の無実を証明するのも容易いことなのかなと思ってしまいます。

 

殺された九鬼はスキャンダルをネタに金を要求するいわゆる“ブラックジャーナリスト”で、実は沙羅駆についても告発記事を執筆し週刊誌に発表する予定だったことが判明したのだった。それにより二人の繋がりも見つかり、警察では益々沙羅駆への容疑が深まっていく。

 

でも沙羅駆はそんなことあまり気にしなさそうですが・・・。

 

そんな中、奏子は沙羅駆の無実を主張し、真犯人を見つけ出そうとするが、捜査本部からは事件への関与を禁じられてしまう。あの調子では出入禁止になっても仕方がないかもしれないですね。

 

一方、捜査本部では捜査を指揮する警視庁捜査一課管理官・牛田寛人(稲垣吾郎)が、沙羅駆に対し九鬼殺しの容疑者としてだけではなく、これまでのマリアTが黒幕だった一連の殺人事件の真の首謀者ではないかという疑惑を向けていたのだった。

 

実は牛田と沙羅駆は8年前、牛田が指揮を執っていたある事件から続く因縁があったのだ。その事件で沙羅駆に苦い経験を味合わされた牛田は、沙羅駆の人並み外れた頭脳に関して身をもって知るがゆえに、沙羅駆であればその叡智を駆使して犯罪を操ることは可能だと考え、沙羅駆が犯罪者だと固決めつけていた。

 

沙羅駆は牛田から取調べを受けることになり、二人は運命の再会を果たすこととなる。しかし一連の事件の際に沙羅駆にはアリバイがあった。

 

動機に関しては、沙羅駆能力を世間に知らしめるためにやったことと牛田は考えていたようだったが、沙羅駆にはそんな必要はないのだった。お金も、名声も持っている沙羅駆にとってそんな無駄になるようなことは必要がない。

 

その頃、捜査への関与を禁じられていた奏子は独自に捜査を始めるが、マリアTは奏子へ魔の手を伸ばすのだった。

 

一人で行動をしていた素子は、マリアTに身柄を拘束されてしまう。マリアTの目的は沙羅駆だった。マリアTにとって沙羅駆はやっと見つけた仲間だったのだ。

 

IQが高いがゆえに持つ悩みを沙羅駆とともに理解しあいたかったのだ。それを見つけるために色々な人間を観察し、犯行の手助けをしたのだった。

 

IQが高くて凡人からしたらうらやましく思うが、それはそれなりに我々にはわからない悩みがあるんだろうな。

 

探していてやっと現れたのが沙羅駆だったのだ。観察力、洞察力どれをとってもマリアTの望み通りだったのだ。素子を人質に沙羅駆が代わりに来るようにとマリアTは要求。

 

沙羅駆は希望通り1人でマリアTのところに訪れる。この先マリアTは沙羅駆をどうしていくのか、個人的にこの物語の最後はどう終わりを迎えるのか、とても興味深いです。

 

IQ246華麗なる事件簿8話動画はこちらから見られます

華麗なる事件簿を見逃してしまった方は、こちらのサイトですぐに見れますよ♪

U-NEXT

31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事ができます

SPONSOREDLINK

 

私も1度登録して、31日以内に解約をしましたよ♪

 

31日間、好きなドラマと映画が見放題でした!

 

⇒U-NEXT解約の方法

 

見れる作品は、海外ドラマ、映画、アニメ、新作のドラマや映画、海外のドキュメンタリー番組、お笑い番組なども見放題です♪

 

U-NEXT


※登録する際にクレジットカードの登録が必要なのでご用意ください!

 

華麗なる事件簿8話のネタバレ

また今日も変わらぬ一日が過ぎようとしている。

 

そんな時、一本の電話が鳴る。奏子の電話だ。

 

豊臣課長から奏子のPCがハッキングされ、捜査報告書が流出していると告げられる。

 

同時に法門寺の事件解決が話題になり、屋敷の外はマスコミでに偽やいでいる。

 

部屋にこもる法門寺。また事件が発生する。

 

フリージャーナリストの殺害。

 

被害者は九鬼というフリーのジャーナリスト。

 

爆発音とともにそこから出てきた姿を目撃された法門寺。

 

マリア・T逮捕の後、殆ど部屋から出なくなっていた法門寺はアリバイを証明することができない。

 

現場に残されたワイングラスからでた指紋。そしてDNA。

 

法門寺を逮捕。

 

指揮をとるのは稲垣吾朗演じる警視庁捜査一課 管理官牛田寛人。

 

88代目賢丈に告げられる、「起訴されても仕方がない」と。

 

その時マリア・Tは、不気味なくらい静かだった。

 

何を企んでいるのか・・・・

 

面会に訪れる奏子。

 

賢正は面会に来ていなかった。

 

「それらの犯行は全て私を示している。」と法門寺。

 

「無理だと思っているのですね?絶対、真実にたどり着いて見せますから。」

 

と啖呵を切り現場へと走る奏子。

 

だが、捜査現場に入ることすらできなかった。上からの命令だ。

 

それを知った奏子は強行突破。

 

捜査会議に忍び込み情報収集する。

 

被害者が死ぬゆく姿を見ながらワインをたしなんでいたと状況が発表された。

 

どんどん犯人に仕立て上げられる様に我慢がならず

 

「法門寺さんはそんなことしません!!」と思わず叫んでしまう。

 

案の定追い出されてしまう奏子。

 

「もっともっと情報がほしいのに!」

 

法門寺家に帰宅するも優雅にグラスを磨いている賢正に突如詰め寄る奏子。

 

面会に行かずに何をしているのかと問い詰める奏子に

 

「この屋敷の秩序を保つことが私の仕事ですから。」と冷静に賢正は言う。

 

「どんな時にも、私には私の仕事がありますので」と。

 

一向に解決の糸口が見えない奏子はまた法門寺のもとを訪れる。

 

「事実をいくら積重ねても真実にはとどかない。」と法門寺は言う。

 

「すなわち、推理することが真実にたどり着く唯一の道だ!」

 

見るだけでなく観察が必要だという法門寺。

 

「考えろ!」「頭を使え!」

 

なぜ犯人は人気のない住宅街ではなく、わざわざ人気の多い繁華街へ逃げたのか?

 

「被害者はどんな人間だった?」

 

その言葉が脳裏に何度もこだまする。行動を起こす奏子。

 

被害者はフリーのジャーナリスト。恨まれている可能性がある。

 

そう、ブラックジャーナリストだったのだ。

 

奏子が法門寺の一つ一つの言葉に突き動かされている間に捜査一課は法門寺の犯行を動かぬものにしていた。

 

牛田に詰め寄る捜査一課の市田。いちいち対立するこの刑事もまた法門寺の無実を信じる味方の一人だ。

 

「私は誰の助けも借りていない!真実にたどり着けるのは私だけだ。」

 

過去の事情が牛田を頑なにさせる。

 

一体2人には過去に何があったのか・・・・・

 

取調室では2人の会話がぶつかっていた。

 

「マリア・Tの事件の真実を知りたい。」

 

彼女の目的は?詰め寄る牛田。

 

目的はない。彼女は醜悪な犯罪者だと忠告する法門寺。

 

「ようやく君の本音が聞けたよ」

 

「マリア・Tはお前の作り上げた幻想だ!」と豪語する牛田。

 

はっとする法門寺。

 

鈴は鳴らなかったのか?牛田は奏子に問う。

 

奏子に北鎌倉の引上げ命令がでる。

 

だが奏子はひるまない。「私は真実を見つけます」と牛田に言葉を返した。

 

賢正の探していた老人。茶封筒からひとつの携帯電話を取り出す。

 

「お力をお貸しください」1人1人味方が増えていく。

 

証拠をがむしゃらに集める奏子に近づき

 

「ゲリラ戦で何が一番大切か知っていますか?」と靴ずれを起こした奏子の足を見つめて言う賢正。

 

「私の知っている法門寺さんは絶対に人を殺したりしない!」

 

奏子の思いを受けた賢正は

 

「やはりあなたはただのお目付け役ではなかった」と嬉しそうにほほ笑む。

 

やっと法門寺家に受け入れられたのだろう。

 

マリア・Tのところへ行く牛田。

 

「法門寺に操られていたのではないか?」と牛田。

 

そう言い残し去っていく。

 

残されたマリア・Tは呟く「わたしが愛した脳細胞・・・・・」と。

 

どういう意味なのか・・・

 

奏子は次の行動を起こしていた。

 

駅前の目撃情報を集めるために法門寺のファンサイトのブログを使って、呼びかける。

 

賢正は情報をひとつつかむ。

 

法門寺を見せかけるために使われたコートは何者かがオーダーしていたものだったということ。それも法門寺の名前を使って。

 

指紋とDNAを手に入れるのは簡単なことではない。

 

「まさか・・・・」と賢正。気になる一言。

 

警察署で出会った賢正に牛田は

 

「法門寺沙羅駆の正体はマリア・Tだ!」と牛田は言う。

 

怒りを抑えられなかった賢正は牛田に蹴りを。

 

牛田に手を挙げた賢正は逮捕されてしまう。

 

奏子は法門寺のもとに訪れる。

 

被害者の書いた記事の一覧を見せる奏子。

 

一覧の中に気になるものがあったのだろう、何かを察したかのようにうなずく法門寺。

 

8年前出会っている法門寺と牛田。

 

資産家の娘が誘拐。時間だけが経ち一向に解決の糸口が見えない。そんな時、業を濁した被害者の両親が法門寺に依頼。

 

法門寺はたった6時間で事件を解決した。

 

唯一傷がついたのは牛田のプライドとキャリア。今回の亀裂の原因である。

 

法門時を犯人にしたい牛田。

 

法門寺の無実を証明したいと紛争する人々。

 

「監察しろ!」と法門寺の言葉を素直に受け止めた奏子は事件の証拠をついに見つける。

 

証拠は意外なところから発見された。

 

「すりの男のジャケットの袖口に付着した血液」だ。

 

「被害者のものと一致」

 

事件はいよいよ解決に近づく。

 

ファンサイトに集められた事件当日の画像を検索し、たくさんの画像の中から黒いコートの男を割り出す。

 

黒いコートの男が映っていない画像と映っていた画像を詳しく検索。

 

容疑者が特定される。

 

容疑者の手元を拡大されたとき、法門寺は何かに気づく。

 

そう、何かが繋がったのだ。

 

「休みは終わりだ」そう言い放った。

 

「九鬼というジャーナリストを知っていますね?」

 

そう言って河相我聞演じる宇野正也のもとを訪れる賢正と奏子。

 

そう8年前、産地偽装の記事を書かれたことで経営が悪化。

 

妻も店も失った。世論も彼を追い詰めた。

 

唯一残された娘のために懸命に再生に力を尽くした。

 

今の店が軌道にのって来た頃またあの九鬼が現れる。

 

そして、店を潰したくなかったら金を出せと

 

復讐が原因の犯行だった。

 

被害者の部屋から持ち出したもの、それはアンティークのお皿だった。

 

「イヤープレート、1945年のもの日本にあるのはわずか3枚。そのうち2枚は記念館にあるはずだ。」その言葉の通り、持ち去られたものは犯人の思い出のものだった。

 

そひてそれは8年前九鬼に脅し取られていた。

 

なぜ法門寺に罪をきせようとしたのか?その問いに犯人はメールの存在を口にした。

 

ありえないことが起こっていた。

 

メールが来たと。「13」からのメール。マリア・Tは逮捕されているはずなのに・・・

 

だが、コートも手袋も全て準備していたのは「13」。

 

マリア・Tだった。

 

「君は優秀だ。いずれ真実をつかむだろう」そう法門寺は牛田に告ぐ。

 

「信頼に足る人間がいた、君はどうだ?」そう牛田に問う。

 

牛田は「必要ない」と答える。

 

「そこが私と君との違いだ」

 

また2人に何かが起きるのだろうか。

 

その頃、マリア・Tが動き出す。

 

何者かに与えられた「薬」。呑みこんだ後、倒れるマリア・T。

 

仕組まれた「死」なのか、自ら選んだのか・・・

 

本当に死んだのか。

 

次回は・・・・

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします