SPONSOREDLINK

校閲ガール動画8話

石原さとみさんが主演の校閲ガール8話の放送は11月23日です。

 

前回のストーリーでは、幸人が本郷の息子だという事が判明しましたねーー!ビックリしました!

 

8話では、どんな展開になるのか楽しみです♪

 

そんな地味にスゴイ!校閲ガール8話を見逃してしまった方はこちらのサイトで、無料で見る事ができますよ!

 

地味にスゴイ校閲ガールを無料で見る

動画配信サービスのHuluは初回入会2週間無料キャンペーンをやっていますよ!

 

完全に無料で動画を楽しみたい方は、2週間後に解約をすれば、完全に無料で楽しめますよ!

 

※初回登録をする際はクレジットカードの登録が必要になります。

 

地味にスゴイ!校閲ガール8話の予告動画

 

SPONSOREDLINK

 

【地味にスゴイ!校閲ガール関連記事】

⇒【ネタバレあり】地味にスゴイ!校閲ガール7話の動画が無料視聴はこちら

⇒校閲ガール石原さとみの衣装がダサいと話題に!

 

校閲ガール8話あらすじ

 

悦子(石原さとみ)は、恋愛小説家・桜川葵(伊藤かずえ)の小説の校閲を任される。茸原(岸谷五朗)は悦子に、葵は中途半端な仕事を嫌う厳しい人なので、いつも以上に全力で仕事をしてほしいと言う。

そんな中、校閲部に葵が訪ねてくる。茸原の姿を見つけ、いきなり彼に抱きつく葵。茸原と葵には、意外な過去があった。
仕事にも恋愛にも情熱的な葵に負けじと、悦子は全力で葵の小説を校閲する。一方、葵は悦子に指摘されたことを取り入れ、再校で大幅に内容を変える。

 

悦子は、また最初から校閲し直さなければならなくなるものの、めげずに取り組む。お互いの立場で激論を交わしながら、作品を作り上げていく悦子と葵。次第に、二人は意気投合するが…。

引用:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/index.html

 

校閲ガール8話予想

8話の予告動画を見るとどうやら、恋愛小説家である葵は茸原とかつて恋人関係にあったように見えます。

 

しかも「わたしはあなたの人生を狂わせてしまった」という葵の言葉から推測するに、きれいな別れ方はしていないようです。

 

2人が恋人関係にあったこと以外にもなにやら隠された過去がありそうです。

 

そしてどうやら葵は病気を抱えているようで、悦子と葵がとことん小説の再校に取り組んでいくことと、葵の体調との間で悦子含め、校閲部が葛藤していくようですね。

 

そして気になるのが幸人と悦子の関係。ハグシーンがありますが、悦子が「付き合ってもいないのに自然消滅なんて嫌だ」と言っているところを見ると、次週もまだ恋人同士にはなっていないようです。

 

それどころか、校閲に打ち込む悦子なので幸人と会う時間が取れずすれ違ってしまうのでしょうか。

 

そう考えると、ハグシーンも妄想?また森尾(本田翼)や貝塚(青木崇高)との関係も気になるところですし、来週も目が離せません。

 

◆週水曜日は第8話‼️ 『全力で働くこと』をテーマに、笑いあり涙ありでお送りします!

 

校閲ガール8話感想

今回も河野悦子演じる石原さとみさんが様々な衣装メイクを披露してくださいました!

 

どれも今どきのファッションで小物までこだわりが見られるものでした。悦子と付き合っている幸人は、モデルとして働き始めました。

 

ですが、幸人はモデル以外に小説家としてもやっていて、小説家としては今、あまり活躍していません。そんな中、幸人が興味を持って描きたいものが見つかったのです。

 

幸人は忙しそうにいつも出かけたりしたいて、悦子は幸人といる時間が減ってしまい寂しそうにしています。悦子が今回任された校閲は、10年ぶりにこの出版社で仕事をする作家さんです。

 

この作家さんは女性でとても難しく厳しい方だ、と言われています。ですが悦子のいつも通り以上の細かくしつこい校閲のおかげで無事終わりました。

 

その中には、悦子と作家さんが一緒に出かけ事実確認をする場面や、作家さんの家でご飯を食べたりする場面もあります。

 

その作家さんは次回の小説も悦子に校閲を頼みたい、と言います。悦子はどんな作品に対しても全力で校閲するので、仕事場の人や作家さんから好かれます。

 

見ていてこんな人になりたい、こんな風に全力で仕事をできるようになりたい、と思える作品になってます。

 

20代女性感想

今回の放送ではこうえつちゃんがゆきとくんとあんまりあえずにいました。

 

ゆきとくんは面白い作品を作るためにいろんな工業をしている人に話を聞きに行ったり見に行ったりして回っていたからえっちゃんとあえずにいました。

SPONSOREDLINK

 

えっちゃんの方は、仕事もいつも通り上手くいってました。今回の放送では校閲の偉い人が話の主な人でした。

 

前の元カノが校閲部に来て偉い人と抱き合いました。でもその元カノは昔、愛しすぎて刃物で指してしまったことがありました。でもそのことは気にせずだきついていました。

 

えっちゃんとゆきとくんは5日に1回くらい会いカフェを楽しんだり相変わらずいい感じです。そして、そろそろひっつきそうなのがタコともりおです。

 

お互いに惹かれあっているとおもいます。あのふたりは絶対気が合うと思います!!お酒もおつまみも前回の放送では気があってたし一緒に住めばいいのになぁとおもいます。

 

ゆきとくんとえっちゃんには絶対にひっついてほしい。むしろこのふたりにも一緒に住んでほしいです(笑)

 

前へ | 次へ

 

校閲ガール8話の動画を無料で見るには?

ドラマ、校閲ガールを見逃してしまった方や、録画を忘れてしまった方!

 

こちらから無料で「地味にスゴイ!校閲ガール」の動画が見られますよ!

 

地味にスゴイ校閲ガールを無料で見る

 

無料動画配信サービスのHuluは初回入会2週間無料キャンペーンをやっていますよ!

 

2週間後は、月額933円でドラマや映画が見放題です!

 

完全に動画を無料で楽しみたい方は、2週間後に解約をすれば、完全に無料で楽しめますよ!

 

⇒Huluの解約方法

 

2週間だけと思っている方は、解約する日を忘れないように気をつけてくださいね!

 

2週間経つと自動で月額料金がかかります!

 

Hulu2週間無料トライアルを試してみる

 

※初回登録をする際はクレジットカードの登録が必要になります。

 

校閲ガール8話のネタバレ感想

コーエツこと河野悦子(石原さとみ)は、ついに憧れのファッション誌「Lassy」の校閲を手伝うことになります。

 

そもそも「Lassy」で仕事をしたくて景凡社をの採用を受け続けてきた悦子ですから、とても張り切ります。

 

しかし、実際は、普段やっている書籍の校閲と雑誌の校閲にとの勝手が違うことに戸惑い苦戦してしまいます。

 

一方、後輩である森尾(本田翼)は、「Lassy」の編集部員として大きな仕事を任されていました。そんな森尾の姿を見て、悦子は校閲の仕事に劣等感を感じるようになってしまいます。

 

そして、互いの思いも通じ合ったような悦子と幸人(菅田将暉)でしたが、関係が変わらず、ふたりの仲はあいまいなままでした。

 

そんな時、貝塚(青木崇高)から、森尾が密かに幸人に想いを寄せていることを聞かされる悦子は、とてもショックを受けるのでした。

 

仕事にもやりがいを見いだせず、恋愛にもつまづいてしまう悦子は、とうとう大好きなおしゃれもせずに出社するほど、落ち込んでしまうのでした。

 

普段書籍の校閲をしている悦子は、特に事実確認には余念がないですよね。現場に足を運んで時にはタイトルにダメ出ししてしまうくらいですから。

 

そんな悦子はもちろんファッションにもこだわりが強いため、「Lassy」の内容にも口出ししてしまうんでしょうね。しかし、雑誌の編集は書籍とは違うようなので、その点で苦悩するのでしょうか。

 

大好きなあこがれの雑誌に校閲という立場でしかかかわれないことに、落ち込んでしまうのでしょう。また毎週悦子がどんなファッションをしているか楽しみにしている人も多いでしょう。

 

わたしもその一人です。まさか、悦子が地味になってしまうなんて。でも、地味な悦子、石原さとみちゃんも可愛いんでしょうね。見てみたい気もします。案外普通の人の普段のファッションと変わらなかったりして。

 

予告動画の中で、幸人の言葉にやる気を出している悦子が見られます。きっといつものように、悦子のピンチを幸人が救ってくれるんだろうな、と期待していますが、次回も悦子と幸人のラブラブシーンを期待できそうにないですね。

 

それどころか、おでん屋で仲良さそうに貝塚と悦子が話しているではありませんか。貝塚森尾の気持ちも明らかになったことですし、やはり、貝塚×悦子、幸人×森尾という展開になってしまうんでしょうか。

 

悦子が「Lassy」の校閲とどうか変わっていくのか、悦子のファッション、4人の関係も含め、次回も目が離せません。

 

SPONSOREDLINK