SPONSOREDLINK

華麗なる事件簿 動画 7話

 

織田裕二さん主演、IQ246華麗なる事件簿7話は11月27日の放送です!

 

IQ246華麗なる事件簿7話を見逃してしまった方は、こちらからのサイトで動画の視聴できますよ!

 

華麗なる事件簿以外のドラマや、映画も見放題なので、おすすめです♪

 

U-NEXT



31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事も出来ます

 

IQ246華麗なる事件簿7話予告動画

 

IQ246華麗なる事件簿7話あらすじ予想

これまで沙羅駆(織田裕二)が解決してきた一連の事件の元凶で、『13』と名乗っていた、『M』こと、犯罪の黒幕“マリア・T”。その“マリア・T”が監察医の森本朋美(中谷美紀)に成りすましていたことが判明する。

 

今までシルエットだけできれいな女優さんが演じてるんだろうなとは思いましたが、まさか中谷美紀さんだとは嬉しくなってしまいます。

 

その後姿を消した彼女を追う沙羅駆と賢正(ディーン・フジオカ)は入手した朋美のパソコンから経度と緯度を示す数字の羅列を見つけた。

 

それが“マリア・T”からの何らかのメッセージだと考えた沙羅駆は奏子(土屋太鳳)や賢正と共にその羅列数字が示す地点にあるテレビ局の撮影スタジオへと向かった。

 

普通のドラマならこの配列数字の解決で、事件解決とするところだろうがこのドラマはきっかけにしかしないところが面白い。

 

沙羅駆らが訪れたTVスタジオでは若手女優の千草あやめ(佐野ひなこ)が主演を務めるTVドラマ『麗しの探偵』の撮影が行われていた。

 

あやめは現在人気女優としてブレイク中で、スクープを狙うマスコミから常に追われる身だった。その一方で同じドラマの犯人役を演じる女優・美園麗子(山口紗弥加)は狙っていた主演の座をあやめに奪われていた。

 

そんな二人が水面下で新旧女優バトルを繰り広げる中、スタジオ内を見て回っていた沙羅駆たちは“マリア・T”が何かを仕掛けているはずだと手がかりを探し回るのだが、何も見つけられずに終わってしまう。

 

やはりテレビ局っていうだけで、ドラマの中でも華やかに見えてしまうのは何故だろう。

 

説明: 写真ところがその夜、警察に「美園麗子を殺した」という通報があり、事件を聞きつけた沙羅駆たちは“マリア・T”が関わっていると察し現場へ急行する。

 

すると事件の被害者は通報とは異なり、何故か麗子の装いをしていたあやめだった。事件の夜、あやめは自分をマークするマスコミの追跡を巻くため、麗子とお互いに衣装や車を交換してスタジオから帰宅したのだった。

 

たとえマスコミの目を避けるためでも、ライバル関係の相手の洋服を着ていくなんて、自分だったら嫌だな。

 

実は麗子が近頃、ストーカーから脅迫されていたことが判明し、現場の状況からあやめは麗子のストーカーに麗子と間違われて殺害されたと判断されるのだが、実はその話は自作自演だった。

 

最近人気のなくなってしまった自分と、これから人気が上がっていくであろうあやめを比べると麗子は許せなかったのだ。清純ぶっていて、中身は全く異なるあやめに対して、麗子は憎しみしか生れなくなっていた。

 

そこに『13』からのメッセージが届いたことで麗子は犯行に及んだのだった。麗子は苦しんでいた。もっと自分の苦しみを分かる人に出会いたかった。そんな中、沙羅駆は自分の苦しみをわかってくれた。でももう遅かった。

 

麗子は自分がストーカー被害にあっているという事実を作るため、何日か前から自分で自分のマンションの前で不審な動きをしていた。防犯カメラにも映るように場所を決めていた。しかしその動きが沙羅駆に疑いを持たせたのだった。

 

やっぱり沙羅駆の注意力・洞察力が素晴らしい。ちょっとしたことが違和感として残り、犯人判明へと導くのだ。

 

これからがこの物語の面白くなってくる部分だと思う。『13』の謎を解き始め、目的はなんだったのかすごく気になる。

 

森本朋美(中谷美紀)があまり出演しないのに、中谷美紀さんを起用していたから不思議には感じていたけれど、まさか『13』になりきっている想定とは予想外だった。

 

前回放送で、各カメラから『13』が情報を仕入れていることも判明しているので今後の展開が気になる。

 

IQ246華麗なる事件簿7話動画はこちらから見られます

華麗なる事件簿を見逃してしまった方は、こちらのサイトですぐに見れますよ♪

 

U-NEXT



31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事ができます

 

私も1度登録して、31日以内に解約をしましたよ♪

SPONSOREDLINK

 

31日間、好きなドラマと映画が見放題でした!

 

⇒U-NEXT解約の方法

 

見れる作品は、海外ドラマ、映画、アニメ、新作のドラマや映画、海外のドキュメンタリー番組、お笑い番組なども見放題です♪

 

U-NEXT


※登録する際にクレジットカードの登録が必要なのでご用意ください!

 

 

華麗なる事件簿7話のネタバレ

これまで沙羅駆(織田裕二)が解決してきた一連の事件の元凶で、『13』と名乗っていた、『M』こと、犯罪の黒幕“マリア・T”。

 

その“マリア・T”が監察医の森本朋美(中谷美紀)に成りすましていたことが判明する。沙羅駆は途中から気付いていたようだが、証拠がなかったために追跡することはなかった。

 

姿を消した彼女追う沙羅駆と賢正(ディーン・フジオカ)は入手した朋美のパソコンから経度と緯度を示す数字の羅列を見つける。

 

それが“マリア・T”からの何らかのメッセージだと考えた沙羅駆は奏子(土屋太鳳)や賢正と共にその羅列数字が示す地点にあるテレビ局の撮影スタジオへと向かう。はしゃいでいる奏子が何ともかわいらしい。

 

沙羅駆らが訪れたTVスタジオでは若手女優の千草あやめ(佐野ひなこ)が主演を務めるTVドラマ『麗しの探偵』の撮影が行われていた。

 

あやめは現在人気女優としてブレイク中で、スクープを狙うマスコミから常に追われる身だった。有名人は大変ですね。

 

その一方で同じドラマの犯人役を演じる女優・美園麗子(山口紗弥加)は狙っていた主演の座をあやめに奪われ、一斉風靡したかつての人気も陰を潜めていた。

 

表面上は頼りになる先輩を演じていた美園麗子だったがあやめを見る目は嫉妬でいっぱいだった。

 

ましてや美園麗子が最近振られたばかりの、メイクの矢代幸太郎(遠藤雄弥)が現在あやめと付き合っていると知り、自分の欲しいものを全て手にしているあやめが憎くて仕方なくなってしまったのだった。

 

憎くなるのも無理はない状況ですね。二人が水面下で新旧女優バトルを繰り広げる中、スタジオ内を見て回っていた沙羅駆たちは“マリア・T”が何かを仕掛けているはずだと手がかりを探し回るのだが、徒労に終わってしまう。

 

写真ところがその夜、警察に「美園麗子を殺した」という通報があり、事件を聞きつけた沙羅駆たちは“マリア・T”が関わっていると察し現場へ急行することとなる。

 

すると事件の被害者は通報とは異なり、マスコミから避けるために麗子の装いをしていたあやめだった。麗子が近頃、ストーカーから脅迫されていたことが判明し、現場の状況からあやめは麗子のストーカーに麗子と間違われて殺害されたと判断されるのだが、あやめの指輪のあとから沙羅駆は事件に対して疑問を抱き始める・。

 

さすが女優の美園麗子は迫真の演技で沙羅駆達をも騙そうと試みる。警察は矢代幸太郎を犯人として逮捕をする。

 

そんな時沙羅駆は美園麗子を食事に誘う。麗子が今までストーカー被害に遭っていた手紙を調査したところ、1通だけ異なる手紙を見つけていたのだった。

 

じつはそれこそが本物のストーカーからの手紙であり、ほかの手紙は麗子の自作自演だった。そのことに気づいていない麗子は、自分に本当にストーカーがついていることを知らなかったのだ。

 

沙羅駆と食事をしていることに憤慨したストーカーは麗子を殺害しようとする。

 

間一髪で賢正に助けられた麗子だったが、実は沙羅駆との食事自体、本物のストーカーをおびき寄せる罠だったのだ。

 

全てのことを知った麗子は、あやめ殺害を告白しだす。

 

女優としての実力、努力を惜しまないところ、麗子は素晴らしいものを持っていた。沙羅駆はそのことを麗子に伝えたあと、麗子は警察に連行されていく。

 

麗子にとって特別な作品だった『麗しの探偵』は主役だったあやめ不在で、麗子が代役を務めた。しかしそれも麗子の逮捕により世に出ることはなくなってしまった。しかし女優の麗子を評価していた沙羅駆はその作品を買い取ると言い出す。

 

一方、 “マリア・T”が捕まったと連絡が入る。IQ300のマリアTが何故捕まったのか。何を思ってそのような行動をとったのか次週に続いてゆく。

 

IQ246華麗なる事件簿7話の動画はこちら

華麗なる事件簿を見逃してしまった方は、こちらのサイトですぐに見れますよ♪

U-NEXT



31日間トライアル実施中!

SPONSOREDLINK