SPONSOREDLINK

ドクターx 4 動画 6話

ドクターx 4 私失敗しないんで!でお馴染みのドクターx 6話はご覧になりましたか?

 

11月17日に放送のドクターx 4 6話のあらすじと予想をチェックしてみましょう!

 

ドクターx 4 6話の動画視聴は、こちらのサイトで見れますよ♪

 

U-NEXT



31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事も出来ます

 

※登録にクレジットカードが必要になります!

 

ドクターx6話の動画

SPONSOREDLINK

 

 

ドクターx4 6話のあらすじ予想

「東帝大学病院」ブランドを守るために、白い巨塔の中で様々な戦いが日々起こっていた。

 

「東帝大学病院」では、病院長・蛭間重勝(西田敏行)による過酷な論文執筆強要があった。格下病院の論文が評価されたからだった。

 

そんな中、内科医・赤井富夫(長谷川朝晴)がアメリカのジョン・スターキー教授(イアン・ムーア)の論文を盗用してしまう。あの雰囲気と過酷な労働の中じゃ、素晴らしい論文なんぞ出せるわけがない。決断力も判断力も失っていたはずだ。

 

この事件はは世間を騒がせる問題にまで発展してしまった…。

 

副院長の久保東子(泉ピン子)はその隙に、将来を見越して蛭間から鞍替えしてきた医師たちを統率することにした。あんなに蛭間院長の言いなりだった医師たちが一瞬にして心変わりするとは、情けない。

 

そして一斉に蛭間に辞表を提出するよう迫る。だが1日待ってくれと蛭間は言い残した。

 

その翌日、蛭間がマスコミを集め、会見を開いた。ついに蛭間を追い出す時が来たのだ。さすがの蛭間も観念して辞職を発表する日が来たか…と、興奮気味に会見場へ詰めかける医師たち。

 

今まで散々蛭間に振り回されてきたのだ。いつも独裁者のような顔している蛭間の崩れゆく姿をしっかり見てやろうと思っていたに違いない。

 

ところが、蛭間は想像以上にしぶとかった! ここまで来ると、お見事といってしまいたくなる。

 

なんと会見には来日中のスターキーと、金沢から駆けつけた蛭間の腹心・海老名敬(遠藤憲一)も登場したではないか。

 

盗用疑惑を懸けられた「東帝大」の論文はこの2人と、スターキーの部下ロック・シュリンプ教授(坂元健児)が共同執筆したもので、最初から盗用なんて一切なかったと主張した。

 

どんな手を使ったのか。自分の書いた論文を他の人と共同という形にしたことを許したスターキーもどうかしてる。白い巨塔の中にいない人間が、なぜ蛭間院長のいうことを聞いたのか・・・。

 

さらに、海老名はスターキーと連名で、世界初の術式を開発したと発表してしまう。なんでも、人工心肺も使わなければ、心臓にメスも入れず、心臓内まで伸びた肝臓腫瘍を切除するというのだ。失敗しない大門未知子(米倉涼子)は強い関心を示す。

 

本当に出来たらすごいと思うが、さすがの大門でも頭をひねる。何を使って手術をするのか・・・。

 

それは口から内視鏡を入れて手術をするというものだった。内科と外科が協力しなくてはできない術式。そこで静岡から、この手術に適合する患者を見つけ転院させることになった。

 

手術までの数日間、手術に耐えうる体か調べることになり、大門が担当させられることになった。もちろん今回の手術には執刀させてもらえない。

 

執刀医は『世界の北野』であった。北野は今回も完璧に手術をしていた。しかし手術中出血が止まらなくなってしまったのだ。外で待っている記者たちも、固唾をのんで見守る中大門がやってきた。

 

論文には載っていなかったが、止血しないと出血多量で死ぬことになる。大門はきっと気づいていたんだろうな。

 

北野は執刀医の場所をどかされ茫然と大門の手術を見るしかなかったのだ。

 

今回も気になるのが、北野の存在。何故世界で名声を浴びながらも、古巣に戻ってきたのか。普通であれば一番戻りたくなかった場所ではないか・・・。

 

前回も完璧なオペをしたにもかかわらず、金属アレルギーの患者に気付かなかった。それを大門に見抜かれ、手術をし直すという北野のプライドを崩すことになっている。

 

それでも東都医大に居続ける理由。それは蛭間院長の崩壊だった。蛭間院長にヘッドハンティングされたが、北野は蛭間にかなり怒りを持っていた。過去の出来事である。

 

そのために日々蛭間の崩壊のタイミングを伺っていたのだった。

 

ドクターx4の6話動画を見るには?

SPONSOREDLINK

ドクターx4を見逃してしまった、録画し忘れてしまった方は、こちらのサイトですぐに見れますよ♪

U-NEXT



31日間トライアル実施中!

 

しかも、31日間以内で解約する事も出来ます

 

私も1度登録して、31日以内に解約をしましたよ♪

 

⇒U-NEXT解約の方法

 

見れる作品は、海外ドラマ、映画、アニメ、新作のドラマや映画、海外のドキュメンタリー番組、お笑い番組なども見放題です♪

 

U-NEXT


※登録する際にクレジットカードの登録が必要なのでご用意ください!

 

ドクターx4の6話の見どころは?

11月17日第6話の放送では 「東帝大学病院」では、病院長・蛭間重勝(西田敏行)による過酷な論文執筆強要を受け、内科医・赤井富夫(長谷川朝晴)がアメリカのジョン・スターキー教授(イアン・ムーア)の論文を盗用疑惑が持ち副院長の久保東子(泉ピン子)は蛭間部長の手下の内科の黄川田や、外科の西園寺をつけたり蛭間に辞表を提出するように言い渡して当病院の名誉を奪いとろうとする。

 

マスコミを集め、会見を開いたが会見には来日中のスターキーと、金沢から駆けつけた蛭間の腹心・海老名敬(遠藤憲一)も登壇。盗用疑惑を懸けられた「東帝大」の論文はこの2人と、スターキーの部下ロック・シュリンプ教授(坂元健児)が共同執筆したもので、盗用ではないと主張した!

 

スターキーとシュリンプがアメリカに帰ろうとすると、シュリンプが倒れてしまいます。検査をしてみると、病名は、「心房内進展巨大肝細胞がん」でした。しかも腎機能障害があって人工心肺を使うことができないんです。

 

つまり、心臓を切ることはできないんです。これは、スターキーと海老名とシュリンプが共同執筆した「開心術を用いない心房内進展巨大肝細胞がん切除」にぴったりの患者です。

 

実は、自分で病気の事を知っていて、世界中の誰かが切らないで自分のがんをなおしてくれないかという切なる希望で、シュリンプは、あの論文を一人で書いたんです。

 

スターキーはとっととアメリカに帰ってしまい、海老名も金沢に帰されそうになりますが、海老名は、スターキーに従ってるシュリンプを、自分の姿に照らし合わせて、シュリンプを救おうと決意しました。

 

シュリンプを救うということは、蛭間に逆らうと言うことでした。蛭間の所に行き、手術をすると宣言します。手術を失敗したら蛭間を巻き込んで全てをばらすと脅しました。さらに、成功したら自分のためのポストを用意して、口出しはしないという誓約書を取りました。

 

手術が開始されました。第1助手は未知子です。開始した途端、海老名は未知子と交代しました。途中で術式を変更しましたが、何とか心臓を切らずに、無事に手術が終わってシュリンプ教授は助かりました。

 

手術後、海老名が院長室に呼ばれました。蛭間は未知子と西園寺、黄川田も呼びました。蛭間は皆の前で未知子が手術したと脅して、海老名から誓約書を出させて破棄させました。そして、クビになってしまいました!

 

回を増す事によって泉ピン子率いる久保の性格は腹黒いですね。前回の北野武も味ある演技ですが今回の泉ピン子もすごいです。

 

もし蛭間院長が辞めて副院長が院長になってしまうと大門未知子がクビになっちゃう!とソワソワしちゃいましたが蛭間院長のしぶとさで少しホッとしたのと海老名率いる遠藤憲一さんの久々の登場はとても嬉しかったです。

 

久々に「チェンジ&チャレンジ!」のセリフも見れたし。怖い顔をした遠藤憲一さんが蛭間に叱られて子犬のように目をうるませたり肩をしゅんとさせたりするかわいそうに思えるギャップがたまらないです。

 

心臓内まで伸びた肝腫瘍手術という難しい手術も無事成功し最先端医療の手術シーンは毎週見ていてすごいなぁと感じます。

 

一番印象的なシーンは蛭間重勝(西田敏行さん)が、海老名敬と交わした誓約書を内科・外科の両部長に処分させてた所に、手術代の請求に来た晶さんが登場したシーンです。

 

いつものようにメロンと請求書を渡し、今回は手術をした人物を明かさないという覚書にサインをするように、覚書とペンを渡します。

 

蛭間が、おもむろにペンを取った後Twitterでも話題になった、今流行しているピコ太郎(古坂大魔王さん)のPPAP(ペンパイアッポーペン)のネタをパクった『メロンペン』を唄い出す所がほんと楽しかったです。

 

ドラマで話題の最先端を入れ込むコメディ感満載な所は毎週請求書とメロンを渡すシーンは晶さんとの絡みはほんと見て楽しませて頂いてます。

 

 

SPONSOREDLINK