SPONSOREDLINK

松方弘樹脳リンパ腫

俳優の松方弘樹さんが「脳リンパ腫」を患っていることを公表しました。

脳腫瘍の事で癌の一種のようですが、一体どんな病気なのでしょうか?

脳リンパ腫ってどんな病気?
脳リンパ腫の症状は?
脳リンパ腫の生存率は?

 

脳リンパ腫ってどんな病気?

脳リンパ腫とは、脳腫瘍の一種で、脳のリンパ腺に腫瘍ができる病気のようです。

具体的に言うと、中枢神経系(脊髄の周辺)や、脳の前頭葉や側頭葉に発症することが多いリンパ腫の事で血液のガンです。

脳のどこにでもできる悪性腫瘍といわれており、脳腫瘍の3%が脳リンパ腫だそうです。

50代~80代の男性に多く発症すると言われおり、10万人に1人が患うというとてもレアな病気なのです。

脳リンパ腫の症状

SPONSOREDLINK

脳リンパ腫の症状は?

脳リンパ腫の症状でよく言われるのが、脳の働きを邪魔されるために起こる

・認知

SPONSOREDLINK

・麻痺

目の視力が急に低下する

・吐き気

などがあげられます。一度症状が出たら進行が早く、再発率や死亡率はとても高いそうです。

 

脳リンパ腫の生存率は?

脳リンパ腫は進行が早いリンパのガンなのですが、生存率は平均3年と言われているようです。

診断されてから、余命宣告をされる人も少なくないようです。

松方さんの腫瘍は難しい箇所にあるらしく、外科の手術は出来ないそうです。

そのため、投薬治療になるそうです。

脳リンパ腫の生存率

脳リンパ腫の治療法

脳リンパ腫は進行がとても早いので治療は早急に行わなければなりません。

開頭手術は後遺症が残るリスクがあるそうです。

放射線療法(全脳照射)がもっとも有効で,腫瘍は消失して治ることがあります。

しかし患者が高齢者の場合、放射線治療は脳にとっても負担が多いので治ったとしても、認知障になる方が多いと言われています。

薬物療法(化学療法,制がん剤)も良く効くと言われておりますがリンパ腫が悪性であると効きめがあまりないようです。

再発の可能性は大変高く、最初に出来た箇所をは別の箇所にできる事が多いそうです。

松方さんの場合は薬の投与で治療をしていくようです。

1日も早く元気になってほしいです。

ガンバレ!松方弘樹!

 

SPONSOREDLINK