SPONSOREDLINK

デスノート Light UP THE New WORLD ニア

 

 

10月29日から公開され、大ヒット上映中である「デスノート Light UP THE New WORLD」は6冊のデスノートが人間界にばらまかれ、それをめぐり3人の男が頭脳戦を繰り広げられるストーリーとなっています!

 

その重要人物である3人は・・・

 

1人目は前回のデスノート事件でデスノート対策本部特別捜査官として指揮をとっており、キラ=夜神月の父親でもあった夜神総一郎に指名され、就任した三島創(東出昌大)という人物がいます。

 

2人目はサイバーテロリストの紫苑優輝(菅田将暉)です。

 

紫苑優輝はつらい過去を持っており、キラ=夜神月に助けられたと思い、キラを崇めている謎の多い男性です。

 

そして3人目が、ワイミーズハウスという英才教育が受けられる機関で、そこで養った教育は難事件をも解決してしまうという、最高機関で育った竜崎(池松壮亮)という人物がいます。この竜崎という人物は「L」の正統な後継者であり、今回テーマとなっている「ニア」と多くの関わりをもつ人物となっています!

 

ではそのニアについて詳しくみていきましょう!

 

ニアのキャラクターについて

 

映画の公式ホームページでは詳しく記載がないため、今回は漫画やドラマ版でのニアでのキャラクターについてご紹介したいと思います!

 

ニアの本名は「ネイト・リバー」という名前です。

SPONSOREDLINK

 

まず気になる性別ですが、見た目が幼く女の子なのかな~とも思う方がいますがなんと男の子だそうです!!

 

私も初めは女の子だと思っていたので知った時は衝撃的でした(笑)

 

そしてアニメ版では18歳、ドラマ版では19歳といういまだ未成年という設定です。

 

ニアの特徴である、かわいらしい身長は155㎝で体重が40キロと細かい設定までもあるのです。

 

好きなおもちゃはパズルで嫌いなものが・・・キラだそうです。

 

今回「L」の後継者であるのは竜崎ですが、ニアもまた「L」の後継者として同じくワイミーズハウスでその頭脳は養われました。

 

ニアはどんな場面に出て来る?

 

今回の映画「デスノート Light UP THE New WORLD」でのニアは率直に言いますと・・・出ません!!

 

ニアは出ないということですが、なぜ今回登場しないのか?ですよね。

 

まず、ニアはこれまでの映画デスノートで出演していたという情報があります。

 

それは、デスノートの続編である「L change the world」に出演していたタイの少年です。

 

このタイの少年はウィルス感染がひどい地域の中で唯一生存して見つかり、その後L(松山ケンイチ)に引き取られていました!

 

その少年は最後、「L」が育った場所、そしてその天才的頭脳が養われた場所でもあるワイミーズハウスに預けられました。

SPONSOREDLINK

 

その去り際に「L」が少年に「ニア」という名前をあげたのです

 

このシーンはとっても感動しました!いつもは暗~い雰囲気の「L」がニア(タイの少年)との別れを惜しんでいる姿が新鮮で言葉が出ませんでした。

 

そのため、今回の最新映画では、このタイの少年「ニア」が出演するのかな?とも思いましたが残念ながらありませんでしたね。

 

その理由というのが、「ニア」はワイミーズハウスに預けられる前からその天才的頭脳を持っていたため、今回の頭脳戦で、ニアが出た場合圧倒的にニアが強くなります。

 

そのため今回の出演はなかったのかとも思います!

 

しかし、今回の映画の公式ホームページでのキャラクター紹介では、竜崎(池松壮亮)にニアが協力する書いてあります。

 

出演はなくとも、協力するような場面はあるのではないでしょうか?

 

ニアについての感想

 

では今回、ニアについての感想を調べてご紹介していこうと思いますが、今回、ニアは出演していないため、前回の「L change the world」でのニアの感想について紹介していこうと思います。

 

まずは肯定的な感想から!

 

「ニア、頭良すぎる

 

「ニアとLの関係性がとてもよかった!」

 

「最終的にはLの後継者的な感じで終わったのかな?そうだとしたら、またキラと戦うがあるのだろうか・・・」

 

「ワイミーズハウスさらに頭よくなってしまうのか!?・・・恐ろしい!!」

 

Lがまるで父親のような存在でみていてほっこり」

 

こんな否定的な感想もありました。

 

「ニアってなんで人気ないの?オレ好きなんだけど」

 

「ニアという魅力がないしょうもないキャラ」

 

「今回タイ人の男の子を起用していましたが、後のニアになるのなら外国人のほうが良かった。ストーリーに無理がありすぎるかな・・・」

 

「ニアは劣化L

 

ニアの真似して、相手の顔みないで話していたら嫌われたー

 

「ニアは名前がよくなかった

 

それぞれ良い感想や悪い感想はありますが、個人的にはニアがいたからこそLも楽しい人生を送る事ができたのでは?と思います!

 

私も最後のニアとLとの関係が本当に素敵だなと感じました。

 

かなり否定的な感想もありましたが「ニアのように顔を見て話さなかったら嫌われた」という感想にはさすがに笑ってしまいました!(笑)

 

感想も人それぞれでとても面白いですね!

 

もしかすると、また今回の最新映画の続編がでるかもしれないので、その時にはニアが登場することに期待です!!

SPONSOREDLINK