SPONSOREDLINK

川上未映子 盗作

川上未映子さんは、2008年に「乳と卵」という小説で芥川賞を受賞して、有名になりました。

 

川上未映子さんは、作家としての才能以外にも、ミュージシャンとして活動をしていて、作詞、作曲もやっていたそうです。

 

NHKのSWITCHインタビュー 達人達(たち)という番組で、「君の名は。」で大ブレイクした新海誠監督と川上未映子さんがインタビューしあう対談がありました。

 

今回は、そんな川上未映子さんの経歴や、盗作疑惑について詳しく調べてみました!

 

 

 

 

ところで、番組でインタビューをした新海誠さんの話題の作品「君の名は。」はもう見ましたか?

 

映画が大ブレイクしていますけど、小説で読むとさらに詳しく書かれていて、奥が深くて面白い作品ですよ!

 

「君の名は。」の原作は550円で購入できます!無料立ち読みもあるので、どうぞ!

 

小説君の名は。を立ち読みする

 

 

 

川上 未映子さんのプロフィール

名前:川上 未映子(かわかみ みえこ)

SPONSOREDLINK

生年月日:1976年8月29日

出身地:大阪府

血液型:B型

学歴:日本大学通信教育部文理学部哲学科

職業:小説家/ミュージシャン

 

 

川上 未映子さんの経歴

日本大学通信教育部文理学部哲学科に通いながら、昼間は本屋でアルバイトをし、夜は高級クラブでホステスをしていたそうです。

 

しかもその稼ぎは弟への仕送りと学費を払っていたそうです。

 

そんな多忙な毎日を送る中でも、バンド活動をしていたそうです。

 

2002年に川上三枝子という名前で、『うちにかえろう~Free Flowers~』でデビューしました。

 

2005年にはアルバム『頭の中と世界の結婚』を発売しましした。

 

その後「文化系女子特集」で「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」が掲載されました。

 

いきなり小説を書いていたワケではなく、元々詩を書くことが好きだったのですね!

 

2007年に初小説「わたくし率 イン 歯ー、または世界」が芥川賞候補作にもなり、話題になりました!

 

「わたくし率 イン 歯ー、または世界」の出版記念のCMをみつけました。

その後、2008年の、2作目、「乳と卵(ちちとらん)」では芥川龍之介賞受賞を受賞しました!

SPONSOREDLINK

 

「乳と卵(ちちとらん)」をきっかけに、川上 未映子さんが書く作品は次々と話題になりました。

 

川上 未映子さんの書く作品は、関西弁で書かれている事が多く、テンポよく進んでいく、ストーリーについつい引き込まれてしまいます!

 

 

川上 未映子さんの結婚はしている?

川上 未映子さんは、結婚をしていますよ!お相手は、小説家の阿部和重さんです。

 

阿部 和重さんのプロフィール

名前:阿部 和重(あべ かずしげ)

生年月日:1968年9月23日

出身地:山形県東根市神町

学歴:日本映画学校

職業:小説家/映画評論家

お二人は、2011年に結婚をして、息子さんが誕生しました。

 

川上 未映子さんは、息子さんを出産した後に

 

壮絶な産後クライシスを経験

 

したと語っています。

 

生まれる前からつわりもひどく、帝王切開で出産したのちは、数時間おきに起こされる授乳の日々……

こっちは1年近くもおなかで人間を大きくして、切腹して、生んで、そして不眠不休で世話をして、いまもこんな状態で仕事までしているのやから、ほかのことはぜんぶ、ぜんぶ男(あべちゃん)がするくらいで、ちょうどなんじゃないだろうか。

 

なるほど~

 

川上 未映子に共感する女性も多いと思います!

 

 

川上未映子さんの盗作疑惑について

2007年に出版した初小説「わたくし率 イン 歯ー、または世界」について盗作疑惑が浮上しています。

 

「わたくし率 イン 歯ー、または世界」は、芥川賞の候補作品になり、早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞するなどして、話題になりました。

 

この作品について、津原泰水さんは盗用されたと主張しています。

 

盗作疑惑その1

「歯に記憶が宿る」という表現は、俺が(津原泰水さんが)表現した独自のものだー!

 

川上未映子さんの主張

いやいや、津原さん、

 

「歯に記憶が宿る」という表現は、もっと前に書かれた作品にも使われていますよ!

 

むしろ、あなたが盗用したんじゃないの?!

 

 

盗作疑惑その2

俺が(津原泰水さんが)書いた作品、と設定が似ているし、類似する箇所が多い!

 

川上未映子さんの主張

設定が似ているだけで法的に争えません!裁判はおこせません!

 

このような泥沼の戦いになりました。

 

類似点が多いというだけの主張だったので、この事で、裁判にはなりませんでした。

 

盗作って難しいですよね、世の中には何万冊もの本が存在するのだから、全部チェックして、世の中に出すワケにもいかないし。

 

盗作のつもりがなくても、今回のように、似てしまったケースもありますからね~

 

私も、川上未映子の作品は好きです。

 

これからも頑張ってほしいです!

 

 

SPONSOREDLINK