SPONSOREDLINK

寒暖差アレルギー季節の変わり目にると、寒くなったり、熱くなったりと毎日、温度の差が激しいですよね。

花粉症でもないのに、咳やくしゃみ、鼻水の症状がでたら『寒暖差アレルギー』かもしれません。

今日は寒暖差アレルギー症状や治療法を調べてみました。
SPONSOR LINK



寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーという名前を初めて聞く人も多いかと思います。

寒暖差アレルギーとは気温の差によって起こるアレルギーです。

例えば寒い冷凍庫の中から、サウナのような熱い所へ移動した時に起こる症状です。

季節の変わり目は、気温の差が激しいですよね。

昨日は気温が9度だったのに、今日は18度もあるなど気温の変動で寒暖差アレルギーを引き起こすようです。

アレルギーという名前がついていますが、何かの物質によって引き起こす訳ではなく、『血管運動性鼻炎』という名前もついているそうです。

寒暖差アレルギーになる要因として、寒暖に合わせて体を調整する機能が、自律神経の乱れによって、うまく機能できなくなる事で引き起こされます。

SPONSOREDLINK

結局、原因は「自律神経の乱れ」なのです。

 

寒暖差アレルギーの症状は?

寒暖差アレルギー症状

鼻水やくしゃみが出るそうです。

花粉症のような症状がでます。

中には咳や頭痛を引き起こす人もいるそうです。

SPONSOREDLINK

風邪や花粉症の症状によく似ているので、勘違いされやすいのですが、風邪のようにウイルス感染や花粉症のように花粉によって引き起こしているわけではないのです。

鼻水は透明です。風邪を引くと黄色い鼻水がでたりしますが、寒暖差アレルギーは透明の鼻水がでます

あとはイライラしたりと精神的にも不安定になる傾向があります。

寒暖差アレルギーは特に女性の方に多いようです。
SPONSOR LINK



寒暖差アレルギーの治療法と対策

寒暖差アレルギーはウイルス感染とは違います。何かの物質によって引き起こすわけでもないので、治療薬はないのです。

寒暖差アレルギーの予防対策としてあげられるのは

・寒暖差をなくす

・筋肉をつける

・食生活を改善する

・自律神経を整える

寒暖差アレルギーを治す薬は、ないのですが、漢方などで内側から改善する事はできます。

まずは、病院に行くことをおすすめします。

 

寒暖差アレルギーについてQ&A

Q、花粉症持ちです。目のかゆみがない場合は「寒暖差アレルギー」なのでしょうか?

A、寒暖差アレルギーは、目に痒みがでません。

目の痒みの症状が出ない花粉症の場合もありますので、病院に行って検査をするとわかりますよ!

 

Q、暑い季節からいきなり寒くなると、鼻や耳や指が腫れることがあります。

極端に腫れ上がります。この腫れも寒冷アレルギーの症状なのでしょうか?

A、寒暖による腫れは、よくありますよね。この腫れ上がる症状は、寒暖差アレルギーではありません。

寒暖のせいで、水分の代謝が悪くなったため、むくみを起こしてしまった事が原因と思います。

Q、寒暖差アレルギーで、じんましんが出る事はあるのですか?

A、じんましんが出る事はあります。冬の寒い日に外を長時間歩いて、暖房の効いた温かい部屋などに入った時にじんましんがでてしまったりします。

そんなときは、ワセリンや軟膏を塗って、じんましんが引くのを待ちましょう。

あまりにひどい場合は、病院に行くことをおすすめします。

Q、寒暖差アレルギーの検査ってどこでできますか?

A、内科でアレルゲンの検査ができますよ!皮膚に症状がある方は、皮膚科を受診して検査を受ける事もできます。

Q、喉の痒みも温暖差アレルギーの症状の一種でしょうか?

A、そうですね、喉に痒みが出る場合もあります。しかし、他のアレルギーの可能性などもあります。

SPONSOR LINK



SPONSOREDLINK