SPONSOREDLINK

好きな人がいること

好きな人がいること6話までのあらすじ

6話では、美咲と夏向の距離がグッと縮まります。

失恋したばっかりの美咲ちゃんですが、夏向の事をもっとよく知りたいと思っています。

そんな矢先、夏向は、柴崎家の本当の兄弟じゃないことが判明してしまいました!

 

好きな人がいること7話予告

 

好きな人がいること7話ネタバレ予想

夏向が柴崎家の兄弟じゃない事が皆に知られてしまいました。

そんな事で、今まで仲の良かった柴崎家は、崩壊寸前です。

料理人になりたくない冬真、姿をくらました夏向。

兄弟はバラバラになってしまいます。

みんなそれぞれに傷つき悩みます。

SPONSOREDLINK

楓は「私は千秋のそばで支えになりたいの」と言います。

一方、美咲も、夏向に向かって

「あんたの傍にいたいって思った」

と伝えます。

美咲ちゃんついに夏向の事が好きになったのでしょうか?

そして愛海は、柴崎家がバラバラになってしまった事を反省しています。

という事は、やっぱり愛海は夏向の妹だったのでしょうか?

⇒好きな人がいること愛海の兄・巧海って誰?

 

好きな人がいること6話見逃し配信はここで見れます!

 

ドラマ「好きな人がいること」はフジテレビ公式の「フジテレビオンデマンド」にて配信中です。

ドラマ放送後の1週間は無料で見れるんですよ♪

 

また、1週間過ぎてしまっても無料でお試しキャンペーンで初回は300ポイント分が無料で見れます。

1話分は無料で視聴できちゃうんです(*´з`)

⇒初回1話分が無料!フジテレビオンデマンドFODでドラマを見る

FODでは、過去にフジテレビで放送された番組も見れるので、前のクールのドラマも見れるんです!

 

好きな人がいること7話のネタバレ

夏向は本当の兄弟じゃない?

冬真は愛美から夏向の話聞き、夏向とは本当の兄弟ではないと知る。

そして冬真は真実を明らかにしようと千秋が止めるのも聞かずに真実を夏向に話してしまう。

冬真から突然本当の兄弟じゃないと聞かされた夏向は頭が真っ白になってしまう。

「兄さんは前から知っていたんでしょ?」と千秋に問いただす冬真。

そこへ、夏向に会いたいと言う人が来ていると一人の女性を招き入れる。

西島愛美。夏向の本当の妹だ。

愛美は夏向の本当の母親が血液の病気のため入院していることを話す。

そして、血液が珍しい型で家族の助けが必要だと話す。

愛美もまた、最近兄の存在を知ったのだという。

愛美は母親の為に夏向に頼みにきたのだ。

どうかお願いしますと頭を下げた。

しかしそれを聞いた夏向は「意味わかんねえ」と言って、部屋を出て行ってしまう。

 

複雑な思いの冬真

夏向は家を出たっきり戻って来ない。

落ち着かい様子で、夏向の心配をしている美咲だが、冬真はとても楽しそうにゲームで遊んでいる。

そんな様子を見た美咲は「夏向のことが心配じゃないの?」と問いかける。

しかし、冬真はそんな問いかけが面白くないような顔をして、「みんな夏向ばっかり」と、複雑な心模様

を顕にする。

夏向を兄として慕う一方、周りの夏向への特別と思える対応に、嫉妬心を抱いていたようだ。

一方、千秋は「夏向にはちゃんと伝えるべきだったのかも」と過去を振り返りながら事実を伏せていたことを後悔

する。

「兄貴失格だよな・・・」その会話を店の外で聞いていた楓。

 

夏向の母親は?

夏向の部屋のゴミ箱に戸籍謄本が捨てられているのを見つけた美咲。

慌てて千秋に伝えると、「本当の母親に会いに行ったのかも・・・」と話す。

夏向の母親は昔SESONSで働いていたが、ある日突然夏向を置いていなくなったんだ・・

と昔を振り返る。

千秋の父親が何度か手紙を出し、近況を伝えたが、既に新しい家族を持ち幸せに暮らしていた夏向の

母親は、今の家族には夏向の存在を話していないから連絡しないで欲しいと・・・。

夏向の存在はなかったことにされていたんだ・・・と、千秋。

それを聞いた美咲は、夏向を探しに行こうとする。

「何かしてあげたいんです」「ずっと心配なんです」と、想いをぶつける。

すると、千秋も「俺も行く」と美咲を呼び止める。

駅に向かう二人。そこへ、冬真の居場所がわかったと千秋の携帯に楓からのTEL。

迷う千秋に「行ってあげてください」と美咲が微笑む。

夏向は美咲に頼むと言って、千秋は冬真の元へ向かう。

夏向と冬真

SPONSOREDLINK

尾道に着く夏向。

もらった住所を頼りにトボトボ歩く。

その様子は、まるで抜け殻のように見える。

母親のいる病院を訪れる。西島渚。410号室。

ベットには母親らしき人が横になっている。

恐る恐る覗き込む。

すると「あの、どなた?」と、その女性は夏向に問う。

答えに困ったような表情の夏向。

そこへ、愛美が来る。

「愛美のお友達?」と聞く母に、「友達です」と答える夏向。

一方、冬真の元を訪れた千秋。

ふてくされている様子の冬真。

「夏向が家に来なければ俺の人生もっと違っていたのに・・・」と言う冬真。

そんな冬真にも、怒ることなくどこまでも素敵なお兄ちゃんの千秋。

優しく気持ちを逆撫でしないような言葉をかける。

一方、病院の屋上で遠くを見ている夏向に「母に悪気はないんです。許してください」と愛美が頭を下げる。

明らかな返事や態度は示さない夏向だが、その表情に怒りは感じさせない。

母を助けてくださいと頼む愛美に「どこ行きゃいいの?」とぶっきらぼうな言い方しながらも血液を母親に分け与え

ることを決めた夏向。

夏向が母を助けることになる。

 

一冊のノート

千秋は冬真をお店へ連れて帰り、夏向の想いを語る。

しかし冬真は昔から抱いていた父親の愛が夏向にばかり向いていることを妬む気持ちが拭いきれない。

そこへ一冊のノートを渡す千秋。

父の遺したノートと夏向が書き綴っていたノートに目を通す冬真。

冬真が本気でシェフを目指すというまで料理を教えないと言っていた父だが、教える前に倒れてしまった。

そこで夏向に冬真のことを頼んだのだった。

ノートから、父と夏向の想いを知る冬真。

本当の兄弟じゃないと分かってから、夏向へ投げかけた言葉を思いだし涙を流す。

 

美咲と自転車で走る

「尾道堪能しよーよ!」と、元気に誘う美咲。

二人は自転車で尾道探検をして楽しむ。

足湯・絶景・自撮り・・・

最後、夕日の綺麗な湖のほとりで「どう?少しはスッキリした?」と美咲。

「ああ」と答える夏向。

「お前なんで来たの?」と聞く夏向に、あんたの傍に居たいと思ったからと答える。

忘れ物よと、お店の鍵を渡す。

少し見つめ合う二人・・・帰ろっかと微笑む美咲。

 

やっぱり家族

家に帰る美咲と夏向。

いつも通りに迎える千秋。

「今月の給料、休んだ分ひいとくからな。明日からまたしっかり働いてくれよ」と

冗談を言って和ませてくれる。

仕込みをする様に促し店へ向かおうとする夏向を呼び止め、「おかえり」と優しく言う千秋に「ただいま兄貴」微笑みながら返す夏向。

店で仕込みをしていると冬真が来る。

冬真は深いお辞儀をし、「俺に料理を教えてください」と真剣に頼む。

それに答え「バターを取れ」「まずは手を洗え」と言う夏向。

二人の仲はすっかり元通り。

一方、部屋のソファで寝てしまった美咲に優しく声をかけ起こそうとする千秋。

起きない美咲を抱っこして部屋へ。

寝顔を見る千秋の瞳は・・・・・。

⇒好きな人がいること8話のあらすじネタバレ感想

 

好きな人がいること7話の感想

イケメン3兄弟のそれぞれの心の葛藤と人柄が垣間見えた話だった。

冬真は夏向を兄と慕いながらも比べられたり特別扱いされている夏向にいつしか嫉妬心を抱いていたようだ。

昔から抱いていた夏向への嫉妬心を理解し優しく接する千秋。

決して怒ることなく優しくなだめる千秋が大人すぎてカッコいい!!

クールだけど、事実を受け止め、千秋と冬真はやっぱり大切な家族だと再認識する夏向も素敵すぎる!

海辺で夏向を元気づけようとアイスを買ってきて二人で食べるシーンの美咲ちゃんは健気でかわいいね~♪

そんな美咲に救われた様子の夏向なのに、やっぱり感情は顕にぜず、軽くフッと笑うだけのクールダンディ。

ツンデレ。そんなメンズもたまらないなー。

雨降って地固まる?再度、兄弟の絆を深めたように見えるイケメン3兄弟。

しかし、これから美咲ちゃん争奪戦が始まりそうな予感!

最後美咲の寝顔を見る千秋の瞳の真相は?

今後、美咲をめぐってどんな展開になるのか楽しみ~♪

正直にぶつかってくる冬真も気になるけどやっぱり夏向?それとも千秋?

かわいい美咲ちゃんがどんなふうに自分の気持ちと向き合うかドキドキです♪

こんなイケメン達に囲まれたらそれだけでパニック間違いなし!笑

⇒好きな人がいること8話のあらすじネタバレ感想

SPONSOREDLINK