SPONSOREDLINK

8月24日に放送された、「家売るオンナ」第7話で、イモトアヤコのお父さん役として、モロ師岡さんが出演しました。

 

「家売るオンナ」でのモロ師岡さんの役と、今までの経歴や家族について詳しく調べてみました。

 

モロ師岡さんのプロフィール

 

名前:モロ師岡(もろもろおか)

本名:師岡 三智雄(もろおかみちお)

生年月日:1959年2月20日

身長:身長170cm

 

家売るオンナの役は?

テーコー不動産のダメダメ社員の白州美加(イモトアヤコ)の父、白州保役で登場しました。

 

保(モロ師岡)は、浮気をして、妻の貴美子に離婚を言い渡されてしまいます。

 

娘の美加は、離婚に反対するが、母の貴美子の決意は固く、今まで住んでいた家を取り壊して、土地を売ろうとします。

 

一度の浮気で、離婚を言い渡されてしまう所を見ると、保(モロ師岡)は相当ひどい旦那の役なのだろうと、伺えます。

SPONSOREDLINK

 

どんな人?

モロ師岡さんは、大学時代にアマチュア劇団で活動をしながら、コメディアンとして、パブなどでコントをしていました。

 

芸名を見るからに、明るく面白い人柄が感じられますよね。

 

元々明るい性格だったので、コメディアンの仕事は、苦労なくできたようです。

 

モロ師岡さんの目標は、俳優になる事だったので、コメディアンの仕事は、食いつなげる為にやっていたそうです。

 

経歴は?

北野武監督映画『キッズ・リターン』で中年ボクサーを演じました。

モロ師岡

SPONSOREDLINK

モロ師岡さんは、キッズ・リターンに起用された時、セリフのないわき役だと思っていたそうです。

 

しかし、セリフのある役だと知り、気合いが入ったと話しています。

 

キッズ・リターンでの演技は、自分でも上出来な演技だったと語っています。

 

現にこの作品で、東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞したのです!

 

この事をきっかけに、有名なドラマから次々とお仕事が入ってきたそうです。

 

この時モロ師岡さんは、40歳を過ぎていましたが、この映画後安定した収入が入ってくるようになったそうです。

 

それまでは、月に1回仕事があるか、ないかという状態だったそうです。

 

家族は?

モロ師岡さんの奥様は、楠美津香さんです。

 

楠美津香さんは元々女優志望だったのですが、現在はピン芸人として活動されています。

 

楠美津香さんは、モロ師岡さんのコントを見て、舞台復活を決意しました。

 

「ひとりコントの女王」と呼ばれる楠美津香さんは、一人芝居をアレンジした「ひとりシェイクスピア」シリーズの舞台をやっています。

 

モロ師岡さんと嫁の馴れ初め

コントの打ち合わせでモロ師岡さんと楠美津香さんは意気投合し、交際に進展しました。

 

1992年の結婚しましたが、当時モロ師岡さんは、収入が安定していなく、楠美津香さんが生活費を出していたそうです。

 

その後キッズ・リターンに出演して、安定した収入が入ってくるようになったそうです。

 

 

SPONSOREDLINK