SPONSOREDLINK

宝塚元トップスターの和央ようかさんは、現役の時に公演中に事故を起こして大怪我をした事があるそうです。

 

宝塚歌劇団でも、本番中にそんな事があるんですね~!

 

和央ようかさんは大丈夫だったのでしょうか?どのように事故に合ったのか調べてみました!

 

和央ようかさんのプロフィール

和央ようか

名前:和央ようか(わおうようか)
本名:大川貴子(おおかわたかこ)
生年月日:1968年2月15日(47歳)
出身地:東京都世田谷区
血液型:О型
サイズ:身長・174cm
学歴:宝塚音楽学校
職業:元宝塚歌劇団宙組・男役トップスター74期生

 

 

 

和央ようかさんが起こした事故について

和央ようかさんは、シアター・ドラマシティ公演『W-WING』の上演中に転落事故に合ったのです。

 

『W-WING』では、2メートルくらいの高さを飛び回る演出でした。

 

和央ようかさん右手で握っていたフライング用の装置が外れてしまい、2メートルの高さから、叩きつけられるように転落したのです。

SPONSOREDLINK

 

その時の事故で和央ようかさんは、骨盤、肋骨骨折の重傷を負う大怪我をおいました。
しかし、驚いた事に和央ようかさんは、そのまま1曲歌いあげ、講演を続けたそうです。

 

骨盤、肋骨骨折なんてしたら、激痛で歌う所じゃないですよね!

 

立ち上げるのも精一杯のはずですよね!

 

その後も舞台を中止せずに続けようとしたそうです。

 

さすがですよね~!

 

その時の公演は途中で中断しました。

 

この事故で和央ようかさんは、全治3ヵ月の大けがをしてしまったのです。

 

宝塚歌劇団の裏話

 

まとめ

宝塚歌劇団のようなプロフェッショナルな集団でも、そんなミスが起きるのですね~!

 

それでも、演技を続けやり遂げる姿は本物の宝塚のトップスターですね!

 

SPONSOREDLINK