SPONSOREDLINK

ひげ脱毛

最近では男性向けの脱毛サロンが増えているようです。

そんな中一番人気があるのはひげの脱毛です。

 「毎日のひげを剃りが面倒…」

「青ひげがが気になる…」

「お洒落で髭を楽しみたい」

などなど・・・悩みは様々かと思います。今回は髭脱毛について解説していきます。
SPONSOR LINK



ひげ脱毛をするメリット

・毎日の髭剃りをしなくていい。

毎朝、髭をそるのが面倒ですよね。これが理由で髭脱毛する人が多いようです。

 

・シェーバー代よりも脱毛する方が安い

SPONSOREDLINK

長期的に考えるとシェーバーを買う値段より、脱毛した方が安上がりだそうです。

・女性から好かれる

髭がない方が、さっぱりしていて好印象ですよね。髭を嫌がる女性が多いようです。

・肌がきれいになる

髭が濃いとカミソリ負けをしてしまったり、肌がカサカサになってしまう事もありますよね。

髭脱毛をすると肌がきれいになり、若々しく爽やかな印象になります。

髭脱毛をするとこんなメリットがあるんですね。シェーバー代より安くて、毎日の髭剃りが必要なくなるならやってみる価値はありますよね。

 

 

脱毛の仕組みとデメリット

ひげ脱毛のメリット

脱毛は毛根部分にあるメラニン色素(黒い部分)に反応します。照射をすることで毛根を焼いてしまうという仕組みです。そのため毛根の周辺は軽い火傷をした感じになります。

ですから、多少顔が赤くなったり、熱をもったりします。

人によっては顔がはれたり、ニキビのようなできものが出来てしまう人もいます。

 

脱毛の種類

脱毛には大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

光脱毛

光脱毛は主に、医師がいないエステでも取り扱いができる脱毛方法なので、威力は弱めです。痛みはレーザーよりも痛くないです。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医師のいるクリニックで扱われています。値段は光に比べて少し高めで、威力は光よりも強いです。

SPONSOREDLINK

ニードル脱毛

ニードル脱毛は細い針を毛穴に入れて、電気を流して、毛を焼くという方法です。1本1本処理する為時間はかかりますが、再度毛が生えてくる可能性は低いです。値段は高めです。
SPONSOR LINK



ひげ脱毛って痛いの?

脱毛の痛みを言葉にすると『輪ゴムでパチンと弾いた痛み』といいますが、実際はもっと痛いです。特に痛みを感じやすい部分は鼻の下で、ひげが濃い部分ほど痛みは強いです。

ひげはどの部分よりも最も痛む部分で人によっては、汗がでるほどです。

痛みに弱い人は、麻酔クリームを出してくれるクリニックもあるようなので、カウンセリングに行く際は質問してみてください。

また、レーザーよりも光の方が痛みは少ないので、光を選ぶと良いかもしれません。

照射の強さも調整できるので、辛い時は弱めてもらえます。

 

回数と値段

ひげ脱毛悩み

どの程度、髭をなくしたいかにもよりますが、レーザー脱毛の場合の目安は

髭を全部なくしたい・・・10回~18回 通う期間1年から2年。

半分くらい薄くしたい・・・6回~12回 8か月から1年。

髭剃りが楽になる程度・・・4回~8回 4か月から8か月。

脱毛してから数日後に髭が自然と抜けていきます。毛根から髭が抜けているので、次の毛が生え揃うまで2か月から3か月程度かかります。

髭が全部生え揃ってから来店するので、通う期間は長く感じますが、徐々に生えてくる毛が薄くなっていくので効果を感じられるのは嬉しいですよね。

 

まとめ

ひげの脱毛は体のどの部分よりも痛みが伴います。痛みに弱い方は光脱毛を選ぶか、麻酔クリームを処方してくれる、医師がいるクリニックをおススメします。

照射の時間は15~20分程度で、手早く照射してくれますので安心してください。

体験や無料カウンセリングもやっているので、問い合わせしてみましょう。

あなたのひげが薄くなる事を願っています(^^)/
SPONSOR LINK



SPONSOREDLINK