SPONSOREDLINK

2016年1月29日に日本銀行は金融緩和策として「マイナス金利政策」の導入を決めました。

日本では初めての『マイナス金利政策』ですが、そもそもマイナス金利とは何なのでしょうか?

誰にでもわかりやすく説明していきます。

【一番わかりやすい】マイナス金利は、どのように住宅ローンに影響するの?

スポンサーリンク



マイナス金利政策の仕組み

マイナス金利とは、日銀が民間の銀行に対して、日銀に預けると金利をマイナスにする(金利をとる)政策です。

その為、民間の銀行は日銀に預金をすると金利がとられるから、企業や個人に融資するようになり、経済を活性化する効果があると言われています。銀行が企業や個人に貸し出す金利はをマイナスにする事ではありません。

 

マイナス金利導入の理由

マイナス金利とは

マイナス金利の導入は、賛成5・反対4でぎりぎりのラインで決定しました。

なぜマイナス金利政策が導入される事になったのでしょうか?

SPONSOREDLINK

日銀は平成25年に、巨額の国債を買い、民間の銀行にお金を渡してきました。しかし民間の銀行は貰ったお金のほとんどを日銀に預けて、企業や個人に貸し出していなかったのです。その為、景気回復が見込めそうになかったので今回、打開策としてマイナス金利政策を導入したのです。

 

マイナス金利政策のメリットは?

マイナス金利メリット

ではマイナス金利政策を導入して私たちの生活にどのようなメリットがあるのでしょうか?

銀行は日銀にお金を預金しても金利がとられるから、他の銀行にお金を預金したりします。

そうする事によって、A銀行からB銀行にお金が流れ、お金のめぐりが広がります。

また、銀行にとっては『日銀に預けると0.1%の金利が取られるのだから、金利が低くてもいいから誰かに借りてほしい』という状況になるのです。

そのおかげで、私たちがローンを組む時などに金利が下がり、住宅ローンが組みやすくなるメリットがあります。

そしたら家を買う人が増えるかもしれません。という事は景気の流れが良くなるかもしれませんね!

SPONSOREDLINK

 

マイナス金利政策のデメリット

マイナス金利のデメリット

マイナス金利は直接私たちの預金がマイナスになるわけではありません。

しかし、民間の銀行にとっては、日銀に預けた分は0.1%の金利が徴収されます。

ということは、民間の銀行にとっては負担になってきます。

民間の銀行の負担が大きくなってしまった場合、民間の銀行が企業や私たち個人に金利を引き上げてくるかもしれません。

そうなったら、景気を良くしようという気持ちで行ったマイナス金利政策が逆効果になってしまいます。

結局、負担になるしわ寄せが企業や私たち個人に来るかもしれないというデメリットがあります。

 

マイナス金利による株価の影響と上昇株

29日の日経平均株価は、マイナス金利が発表された午後1時にすぐに急激に上がり その後一度下がって、また徐々に階段を上るように上がっています。

マイナス金利の仕組み

マイナス金利か発表された29日の株式市場は、まず銀行は下落しました。

マイナス金利で直接、負担になるのは銀行だから、みんな株を売って手放したのですね。

上昇した業種もあります!

自動車、不動産、証券、鉱業・・・などなど

ローンが組みやすくなれば自動車や家(不動産)を買う人が増えるかもしれないから、株価が上昇したのですね。

 

マイナス金利による為替への影響

 

ドル高・円安です。ということは円の価値が下がったのです。

今後どのような動きになるのか楽しみですね。

マイナス金利について

今後の予想

今回のマイナス金利政策は賛成5が反対4でぎりぎりのラインで決定しました。

100%自信をもって採用された感じではないですよね。

株の状況をみても日本株は買われたのですが、日経平均の上げ幅が縮小しました。

市場はマイナス金利政策の効果や影響がどうなるか、まだ様子を見ている感じがします。

今回のマイナス金利政策が日本経済にとっていい方向に向かう事を願っています。

スポンサーリンク



 

SPONSOREDLINK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします