SPONSOREDLINK

芳根京子さんはギラン・バレー症候群?

芳根京子さんが次のNHKの朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインに選ばれました。

芳根京子さんは中学2年の頃にギラン・バレー症候群を発症し、難病を見事克服したそうです。

芳根京子さんはどんな女優さんなのでしょうか?

芳根京子さんが患ったギラン・バレー症候群とはどんな病気なのでしょうか?
SPONSOR LINK



芳根京子さんのプロフィールは?

芳根京子さん朝ドラのヒロインに!

名前:芳根京子

生年月日:1997年2月28日

出身地:東京都

身長:158センチ

SPONSOREDLINK

所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテイメント

趣味:料理、お菓子作り

特技:ピアノ、フルート

 

特技のピアノやフルートは子供の頃からやっていたようです。

2013年の16歳の頃に「ラスト・シンデレラ」でデビューしました。

芳根京子!ラストシンデレラでは子役だった?

映画では『物置のピアノ』が初映画デビューです。

初めての映画の作品は東日本大震災の被害にあった、女子高生を演じています。難しい役を演じましたが、映画はそんなにヒットしなかったそうです。

その後2014年にNHKの朝ドラでデビューし仲間由紀恵さんの娘役を演じました!

そして今回2015年10月スタートのNHK朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインに抜擢されました!

さすが強運と実力の持ち主ですね!

 

芳根京子さん克服したギラン・バレー症候群とはどんな病気?

ギラン・バレー症候群とは?

SPONSOREDLINK

芳根京子さんは中学2年生のころにギラン・バレー症候群を患っていたことを明かしました。

今は完治して支障はないが、学校に行くのが大変だった時期もあったと言っています。

ギラン・バレー症候群とは筋肉を動かす神経が傷害され、両手両足に力がはいらなくなる病気です。

重症の場合は呼吸もできなくなる事もあるそうです。

ギラン・バレー症候群の原因

風邪をひいたり下痢をした時に、元となったウイルスを身体の中から排除しようと動くのですが、

身体が誤って、自分の運動神経を攻撃する抗体を作ってしまい、手足の筋肉が動かなくなるようです。

日本では年間2000人ほどが発症している病気で難病を完治させた芳根京子さんはすごいですよね!

ギラン・バレー症候群の後遺症

ギラン・バレー症候群は後遺症が残ることもあるようです。

運動障害や、歩行が困難になってしまう事があるようです。

ごくまれに、亡くなる人もいます。

芳根京子さん歩き方が不自然?

芳根京子さんはギラン・バレー症候群の後遺症は大丈夫なのでしょうか?

ネット上では歩き方が不自然?という声も上がっていますが、見た感じ歩き方は不自然ではありません。

芳根京子さんはギラン・バレー症候群を完全に完治させたようです。

SPONSOR LINK



難病を通して芳根京子さんが感じたこと

難病を乗り越えた芳根京子さんは、病気を通して、大切な事に気が付いたと言っています。

「自分はこんなにも周りの方に支えてもらってるんだ」

「それからはちゃんと『ありがとう』とか『ごめんなさい』とか言葉をしっかり、伝えようっていう意識が出てきました。病気を経験したから、ちゃんと自分を持とう、って思えたのかな、変わったのかな、って思います」

「本当に少ない可能性でこの病気で亡くなった方もいるという話を病院で聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました」

 

朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインはどんな役?

芳根京子さんが演じるのは「坂東すみれ」という女性で、子ども服メーカーの創業者の坂野惇子さんがモデルのようです。

かいけんの際はすみれという役名にちなんで、すみれ色のドレスで登場しました。とっても似合っていました。
SPONSOR LINK



SPONSOREDLINK